地救人を生きよう

あなたが幸せに生きたら、地球上から不幸な人を一人、救ったことになるんだ。

アウトドア ライフスタイル

女性の為の野ションの仕方。外で尿意を催したもののトイレがない時のHOW TO!

投稿日:08/19/2018 更新日:

Pocket

ハロー、魂の冒険家トモカです!

皆さんは外でトイレに行きたくなったのにトイレがない時、どうされていますか!?
私はそんな時、その場でしています!
だって漏れそうだものってか漏れるから。
漏らすよりはいいですよね!!!

ちなみに断っておきますが、野外で露出して興奮するような趣味や性癖は、私にはありません!
出来れば誰にも見られたくないんです。
そんな中しています!

それで思ったんですけど、女性が野外でうまいこと事を為すには、いくつかのポイントがあるんですよね。
今回は、女性が外で何らかの便意を催したものの、トイレがない場合の済ませ方について、コツを含めて具体的に述べたいと思いあす!

女性が野ションするためのあらゆるコツを一挙公開!ロケーションからファッションまで

さあ、まずは、うまい事野ションするに当たって必要なポイントを、踏まえてしまいましょう!
適した場所の選び方や、極力人に見られないようにするための、最速自己ベスト更新野ションファッションを公開して行きます。

始めに結論!女性の野外における小または大便には、植物が味方だ!

植物・・自由に伸びやかに、枝を生やす木々・・。
そんな癒しの植物達が、我々女性が外で活躍(放尿または大便)する際の、強力な助っ人になってくれるんですよね!

ちょっとした茂みとか、低木、あるいは身長と同じくらいの木、または草むら・・。
振り返れば、私がかつてして来た様々なトイレ無し野外トイレシーンにおいても、常に彼ら(植物達)が味方についていてくれました。
なのでまずは、便を放つ場所として、植物の近くをチョイスしてください。

植物が周囲からの重要な目隠しになってくれます。
それに、大までしてしまって、ティッシュを持ち合わせてなかった緊急時にも、植物の葉っぱが紙代わりになってくれます!
植物なら、人間のおしっこだの便だのも肥やしになりますから、エコですしね。
(しかし衛生的ではないので、積極的にやらないでください。どうしてもという場合に限定してください。)

これは役立つ!女性の為の野ションファッション必須、パーカー腰巻!

キャンプや登山など、アウトドアの予定がある日に向けての微妙な心配事。
もしかしたら、したい時にトイレないかもしれない。
そんな時、事前に覚悟と役に立つ装備ができていたら、心配も減りますよね!

女性が野外トイレ無しトイレを行うに当たって、必須とも言えるぐらい役立つファッション。
まずは、腰に上着を巻くことです。
女性って、外で便を出す時、どうしてもしゃがむんですよ。
この時気になるのは、見えない後ろと自分のお尻です。
(後ろから誰かにお尻見られてるかもしれない・・。)
そんな不安を払拭してくれるのが、腰に巻いた上着です。

例えばパーカーなんかを腰に巻いてみてください。
そしてしゃがんでください。
なんならパンツ脱いでください。
どうですか。
隠れているでしょ、お尻が。
外の目線からお尻を遮断する暖簾みたいな役割してくれんですよ。

例えばスプリングコートなどの様に、腰に巻く上着があんまり長いと、今度はしゃがんだ時地面について、汚れるとか、ヘタしたら自分の尿がかかるー!という別の心配まで生まれますので、パーカーやトレーナー位の長さが一番おすすめです!

ひざ下スカートにノーパンファッションが、あなたの最速な野ションを助ける!

次に、やっておいたら便利な野外放尿ファッションは、ひざ下スカート×ノーパンの組み合わせです!
(ちなみに、なんでひざ上もしくはミニスカートを推奨しないかというと、突風など何かの拍子に見えないパンツが(要するに股間が)見えてしまう可能性があるからです。)

もう、すぐできるんですよこれ!
たくし上げればイケますから!

外でおしっこする時って、素早さが何より大事なんです。
防御力より攻撃力より、素早さなんです。勝利の秘訣は。
人や車の流れがありますからね。
切れ目を見て、スキを見てやるんですが、その時に、ベルトがどうとか、もたもたしてたら機を逃すんですよ!
それで、したいのにできない負のループに陥ります。

今がチャンス!!というその時に、ささっと済ませるのが理想であり、それができるという自信は、よりスムーズな(略)に役立ちます。
その素早さに貢献する最たるものが、このひざ下×ノーパンです。
もちろんこれに、上着の腰巻をつけてください!

これで勝利の最速野ションファッションはあなたのものです。

ズボンもパンツもはいて来ちゃった場合は二段階右折ならぬ二段階野ションで時短を狙う

もし、ズボンやパンツをはいて来てしまった。しかし、今外でおしっこがしたい、という場合は。
この格好は、素早さが勝利の分かれ目となる野ションには、不利な服装なんです。
なぜなら、下半身を解放してしゃがみ込むのに時間がかかるからです。
トイレをすると決めた場所に行き、それからズボンを下すために、ベルトを外したりボタンを外したりしてる間に、人が来てしまうかもしれません。

そうならないように、ズボンの時は、やることを二段階に分けます。

ファーストステップ。
まずは歩いている間に、さりげなくベルトの前を外します。
そしてチャックを開けます。
ズボンのボタンを外して下せばもうできる、という所まで、放尿すると決めた場所に行く前にやっておくのがポイントです。
こんな時にも、腰に巻いた上着が、そういう下腹部の異変をカムフラージュするのに活躍してくれます!

そして第二ステップ。
そうやって、ベルトの前を開け、チャックも開けた状態で、(わー)と、狙いを定めた場所に赴きます。
そしてズボンのボタンを外し、ズボンとパンツを一緒に一回で下します。
しゃがんで放尿してください。

放尿後は、ズボンとパンツを一緒に上げます。
そして、終わりも同様、二段階です。
まずは野ションした場所から離れます。
次に、歩きながらさりげなくチャックを閉め、ベルトをします。

これで大丈夫です。

野ションでティッシュは使うのか使わないのか。使わないが答えだ!!

出すものを出した後は、ということですが、これにもポイントがあります。

ティッシュを使うのは諦めてください。
なぜなら時短の為と、証拠隠滅の為です。

「あの人もしかして、あそこでおしっこしてない・・?」
と、遠くから人に疑念を投げかけられていた場合、そこに股間を拭いたティッシュを置いて行ったら、動かぬ証拠になってしまいます。

それに、使ったティッシュを持ち帰るにしても、ティッシュをしまったりとモタモタしている間に人が来てしまうかもしれません。
素早さを下げる物は、この場合は無いに限るのです。

じゃあ、股間を拭かないでスカートを下す、もしくはズボンを上げるのかと言えば、その通りです。
この緊急時においては、股間の清濁よりも素早さを選んで正解です。

過去の野外放尿ないし野外大便シーンを一挙公開!~あの時トモカはこうしてこうだった~

次に、実際トモカはあんな時やそんな時、どうしたのかという具体例を見て行きましょう。
ここに挙げたのは全部ではありませんが、私の過去の、代表的な野外シーンになります。

ケース1.人生初の野外大便!~秋の黄昏時に私を襲った便意~

いきなり大からで恐縮ですが、あれは神奈川県の海の近くのあぜ道を、毘沙門天海岸に向けて歩いていた時のことです。
季節は秋。
夏も過ぎ去り、海水浴シーズンが終わっていて道行く人が少なかったのが、幸ウンの追い風になっていました。

その道は、周りに畑が広がる田園地帯でした。海の近くの高台になった場所で、周囲の見晴らしはいい所です。
しかし時間は夕暮れの薄暗くなった時で、昼間農作業をしていた方々はほぼ帰宅したのか、時折軽自動車が通る程度でした。

まさかのその時、急に便意は訪れました。
小ではありません。大です。しかも強力です!
我慢できるものでは到底ありません。

どうしよう。
本気で焦りました。

まさか、外でウン〇・・!?
そのまさかでした。

大で、出したものが残りますから、よそ様の農機具格納庫等で事を為すのははばかられます。
道でするしかない。

見晴らしのいいそのエリアで、一本の木立を見つけました。
高さは私の身長より、少し低いぐらい。
目隠しとしては全く不十分です。
でも周りは畑だけで、多少目隠しになるのは、その木しかありません。

ここしかない。
と私は腹を決めました。
幸い夕暮れで薄暗く、通る車もほとんどありません。

ドキドキする胸を抑えて、私はズボンを下しました。
待ってましたとばかりにスムーズに出る大便。

偶然腰に巻いていたパーカーに、こんなにも安心感と感謝を感じたことは、未だかつてありませんでした。

出したら出したで、次の焦りが来ました。
紙ないじゃん!!
どうすんのこのケツ!!

「さあ、これをお使い・・」
低木が自分の葉を差し出した。

え!?ああ、これ!?いいの!?
つか今、それしかねーや。

私は多少の目隠しをしてくれたその低木から葉っぱを一枚むしっては尻を拭き、を4回ぐらい繰り返した。

そして急いで周りを見回した。
少し離れた所を車が一台、ヘッドライトをつけて走っていた。
こっちに来る車がなくて良かった。

色んな意味で、危ない所を助かった。

こうして私の初めての野外大便は、後味の清々しさと多少の尻拭いの不完全さで幕を閉じた。

ケース2.知人男性に見守られてながら山登り中の野外放尿

山が好きな知人男性に誘われて、神奈川県の仏果山という山を登っていた時。
問題の時は訪れた。

おしっこしたいんだけど、トイレない。
知人に訊いても、やはりこの辺にトイレはないと言う。

うららかな春の5月。
他の登山客も結構いる。
何人かのグループが、次々に山道を歩いて行く。

山道と言ってもそこは、木々がまばらで、完全に隠れられる場所は無かった。
タイミングを計るのが重要なポイントだ。

念の為、腰にパーカー巻いて来て正解だった。

知人男性に、ここで待つように言い、人の切れ目を狙って、目をつけた木立に向かって道を下った。
ズボンを下げて、尿を出す。
見上げると、知人がこっちを見ている。

はあ!?放尿するって言ってんのにこっち見てんじゃねーよカス!!
どんだけデリカシーねーんだ!

内心憤慨しながら事を終えた春の珍事だった。

ケース3.終電を逃して歩く帰り道、我慢できずに夜の大通りで野ション

仕事帰りの夜、終電を逃してタクシーに乗った。

タクシーに金つぎ込んだら、今日働いた意味ねーだろ。
そう思った私は、歩いて帰れる距離に差し掛かった所で、タクシーを降りた。

大通り沿いを、自宅のアパートに向かって歩く。
そんな時。

まだ家遠いよ~。コンビニとかもないし。でももう、我慢できない。

歩道には、綺麗に刈り込まれた低木が並んでいる。
側にしゃがめば頭は出るが、下半身は車道の車から隠せそうだ。

その日はズボンだった
腰巻は無い。

幸い他に歩道を行く人はいない。
念の為自転車が来ないか気を遣う。

歩きながらズボンのベルトを外し、チャックを下した。
車道を行く車のまばらなタイミングを見て、低木の側にしゃがみながらズボンとパンツを共に下ろし、放尿した。

尿の切れ目が野ションの切れ目。
やはりここでも、残尿感より素早さを選んでほしい。

そそくさとズボンとパンツを上げると、私は何事もなかったかの如く、歩き出した。
歩きながら、さりげなくチャックを上げたり、ベルトを締めたりした。

ケース4.ミャンマーの長距離バスがトイレタイムに停車した場所に、トイレは無かった

あれは2013年に、ミャンマーを初めて旅した時のこと。
マンダレーっていう大きな地方都市から、バガンていう有名な遺跡の観光地まで、バスで移動した時。

6時間半のバス移動で、当然ながらトイレタイムはあった。
しかし、降りた所にトイレは無く、ただ金色に輝く草原が広がっていた。
ミャンマー人の乗車客は、次々にバスから降りると、男性はバスの近くで、女性はバスと男性の目から少し離れた所で、それぞれ放尿し始めた。

えええマジで!?
そもそもトイレ無いんだ!?
ミャンマー人達のこの慣れた感じ何!?

色々と戸惑うけど、機を逃したら私一人だけ草原にポツンとということになり、尿を済ませた人々の注目の的になってしまう。
今しかない。
この、乗車客皆が思い思いにおしっこをしている、今しか。

私は乗客のミャンマー人女性達について行き、雑草が比較的高くて、低木も一本生えてる所を選んだ。

この時の私のファッションは、ロングスカートにノーパンだった。
他意があった訳ではない。
しかし、野ションしてみると、これぞ野ションファッションかと思われた。
スカートはたくし上げるだけ。
もしここでパンツをはいてしまっていたら、下半身をさらした無防備な時間が、パンツの上げ下ろしという所作故に、長くなってしまっただろう。

出すもの出して立ち上がれば、それで終了!
何てラクなんだ!
ナチュラルな発見をありがとう、ミャンマー。

まとめ

女性が野外で大なり小なり便を出す際は、まず事前にパーカーもしくはそれに類する物を腰に巻く(ケツを隠すため)。
下半身のファッションは、ひざ下までのスカートにノーパンがベスト!

植物、木立、低木・・とにかく草むらの中や木の側をチョイス。
大の場合は、木の葉っぱが紙代わりにもなってくれる。

周囲を見回し、タイミングを計る。

事を為すためにしゃがみ込んでいる時間は、極力短くする。
素早さを何より優先する。

以上です。
このマニュアル通りにやれば、ベストな野ションがあなたにもできるはずだ!!

Pocket

-アウトドア, ライフスタイル

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【ミャンマー】ヤンゴンのおすすめナイトクラブ Best 3【動画付き】その他のクラブも紹介!

こんにちは! クラバー歴13年、ミャンマー滞在歴1年以上のトモカです! 今回はそんな私が、ミャンマーで踊りたい皆さんの為に、ヤンゴンのおすすめナイトクラブベスト3を発表致します! 動画付きでクラブのフ …

イポーのバスターミナルから市内へローカルバスで行く行き方【マレーシア】

こんにちは、トモカです。 私は2019年6月10日から7月20日の間の大半、イポーに滞在しています。 今回は、長距離バスで他のエリアからイポーに着いた時の、バスターミナルからローカルバスに乗って、市内 …

【イポー観光】おすすめ洞窟&洞窟寺院ベスト5とおすすめできない洞窟【マレーシア】

こんにちは、トモカです。 私は2019年6月10日から7月20日の間の大半を、イポーに滞在しました。 イポーと言えば洞窟や洞窟寺院が有名で、天然洞窟を含め合計で30弱の洞窟や洞窟寺院がある様です。 そ …

シュエバズン2店舗への行き方とおすすめお土産クッキー&コーヒー【ミャンマーのヤンゴン】

こんにちは、魂の冒険家トモカです。 私は2019年1月12日から約1ヶ月間ヤンゴンに滞在して、人気のカフェとお土産のお店、シュエバズン2店舗に合計7回程行って来ました。 そこで分かったシュエバズン2店 …

マラッカにあるスーパーのテスコとイオンの商品を物色【マレーシア】

こんにちは、トモカです。 私は2019年7月20日から25日までの5日間、マレーシアのマラッカに滞在しました。 マラッカには、長距離バスターミナルの近くにテスコというスーパーがあるので、行ってみました …


魂の冒険家トモカです。

仕事は2010年から占い師をしています。

12歳から16年間は鬱を患いながら過ごし、28歳の時、自力で鬱を克服し、悩める人のお役に立ちたく占い師になりました。

2013年30歳の時、バックパッカーで世界一周し、2017年7月から一年間ミャンマーで日本語教師をして、現在はノマド占い師としてインドや東南アジアを放浪しています。

「あなたが幸せに生きたら、地上から不幸な人を一人、救ったことになるんだ」という思いで、日々活動しています!