ミャンマー

ミャンマー人の性格!人生観から人間関係、恋愛とモテるタイプから浮気事情まで

投稿日:09/22/2018 更新日:

Pocket

ニカウンラ(元気?)、魂の冒険家トモカです。

ミャンマー人ってどんな人達なのかって事を、今回は述べて行くんですけど、お読みになる前に、まず気をつけておいて頂きたい事があります。

読んで行かれると恐らく、(ミャンマー人て、なんていい人達・・)と思われると思いますが、どこにでも、いい人がいれば悪い人もいます。
ミャンマーにももちろん、悪い人はいます。

なのであらゆるミャンマー人を過信しすぎないようにしてください。
その上でお読みになって頂ければ大丈夫です。では!

ミャンマー人の人生観~解脱する為に生きてる~

ミャンマーの国教は仏教であり、国民の約90%が仏教徒です。
ミャンマーの仏教は上座部仏教で、日本の仏教よりも戒律が多くて厳しい印象があります。

小学校から高校までの、学校で習う国語。
その国語の内容が、ミャンマーでは全面的に仏教の教えになっています。
つまり子どもの頃からミャンマー人は、自分という存在は永遠の魂であり、魂は輪廻転生しており、生きているのは魂を向上させ、いずれ解脱する為だと捉えています。
日本で一時的に流行ったような薄っぺらい商業的なスピリチュアルとは一線を画すガチさで、彼らは幼い頃から魂というのを理解しているのです。

今生で解脱を目指している人々もいれば、「いい来世になりますように」なんて言って、悠長に今生の解脱は諦めている人もいます。
何にせよ、ミャンマー人は、解脱する為に生きていると言えます。

その彼らの根本的な人生観は、多くの日本人は持たないものでしょう。

子どもの頃から人格の高いお坊さんを間近で見て、折に触れてお坊さんの説法を聞いて育って来たミャンマー人達は、自分の人間性を向上させようという意識が日本人より高いです。

それに、人格が低い人は尊敬されません。
例えば、理不尽にキレるような人物は、仮に上司だったとしても部下から内心バカにされます。
人間的にできていて、尚且つ厳しい目上の人には、彼らは畏敬の念を表しますが、ただ性格が悪いが故に厳しいような目上の人に対しては、怖がるより陰でバカにします。

なので職場等でミャンマー人の上に立って指導して行くような立場の方は、まず彼らに人としての思いやりを最大限示し、大切にした上で、締める所は締めるというメリハリのある接し方が大事になって来ます。
人間的には日頃から深い愛情を示した上で、規則や仕事の出来栄えには妥協しない態度を見せれば、彼らに信頼され慕われます。

ミャンマー人は思いやり深くて恩を忘れない人達

ミャンマー人の基本的な性格は、シャイで遠慮がちで思いやり深いです。
その為、静かにしているようでも、こちらが思っている事を、繊細且つ敏感に感じ取っています。
そして仲良くなると、頼んでもいないのに、色々思いやってくれて考えてくれて、心配してくれたり色々やってくれたりする、本当に愛おしい奴らです。


↑ 右から3番目が私。日本語教師をしてた時のミャンマー人の生徒達は、いつも私の事を思ってくれて、好きな食べ物準備してくれたり、私が不便な思いをしないように、いつでも全力を尽くしてくれました・・LOVE。

このように、こちらが感動するような人間的な温かさを、彼らはよく表してくれます。
彼らにはそれが当たり前なんですね。

市営バスに乗っていると、立っている人の荷物を、赤の他人の座っている人が持ってあげる光景をよく目にします。
そうやって彼らは他人同士でも日頃から思いやりを示し、助け合って生きています。
ほほえましいです。

またミャンマー人は、感謝や恩を忘れない人達です。
「この人は自分にこんな事をしてくれた」と、相手の気持ちをよく汲み取り、その恩を忘れずにいて、何年経っても折に触れて思い出話しをしたり、感謝の言葉をかけてくれるような人々です。
こちらが尽くせば尽くすほど、感謝と愛情を向けてくれるので、こんなに尽くし甲斐のある人種もいないでしょう。

ミャンマー人の愛情は家族愛から。家族の為なら苦労を厭わぬ家族思い

ミャンマー人は、家族に対する愛がとても深い人達です。
大変家族思いで、二十歳位の子達が、家族の為にと働いて、両親に仕送りを続けるような人々です。
「親は私を育てる為に、沢山のお金をかけてくれた。だからこれからは、私が同じ事を親にしてあげるんだ。」
これが働くミャンマー人の基本的な思いです。
結婚未婚関係なく、家族の為に働いています。
両親や兄弟にお金を送りたいのです。


↑ 私が日本語教師として教えていた生徒達も、皆口を揃えて「家族にお金を送ります」と言って、日本へ働きに行った。

人間関係は血の繋がりが無くても妹弟お姉ちゃんお兄ちゃんと呼び合い、人類皆兄弟状態

ミャンマー人の人間関係は、感覚的にまるで家族の延長の様です。
血の繋がっていない他人同士でも、仲良くなると、妹、弟、お姉ちゃん、お兄ちゃんと呼び合います。

それを知らないと、「この子は僕の妹だよ」って言われてフツーにほんとの妹なのかと思ってたら、いとこだったり、血の繋がってないけど仲の良い年下の子だった、なんて事がザラにあります。

ヘタすると大して歳が離れていないのに、親しみを込めて「お父さん」とか「お母さん」と呼ばれます。


↑ 私の二歳年下にすぎないこの男ミンミントゥエは、私を「お母さん」と呼んでいた。
おまえこそ、子どもいるんだし立派なお父さんだろ‼


↑ ちなみに一緒に先生してた友達のミョーゾーも、一部から「お父さん」と呼ばれていた。

世界的に有名なアウンサンスーチーさんは、ミャンマー人達から「お母さん」と呼ばれています。

ミャンマー人に好かれると自動的に彼らの親扱いさせる仕組みですw

ミャンマーの上下関係は、目下がとことん目上に尽くす

ミャンマーにも、上下関係があります。
ただ、日本の上下関係と、少し違う所があります。

挨拶の文化がミャンマーにはないので、日本の様なガチガチした感じはありません。
しかし、「目下の者が、目上の人に良くする」という社会通念があるので、例えば一緒に食事に行った時に、日本では目上が奢りますが、ミャンマーでは下の人同士が出し合って、目上の人にご馳走する風習があります。

それに、目上の人の荷物を目下が持ってくれるのは割と当たり前。
雨の日には、目下の人が目上の為に傘をさしてあげたりと、なかなか至れり尽くせりで目上に敬意を表するのがミャンマー流です。

意外と恋愛体質!?ミャンマー人の恋愛~モテるタイプから浮気事情まで~

ミャンマーは基本的に、婚前交渉禁止の、貞操観念の強い国民性です。
今のおばあちゃん世代なんかは、考えが固いでしょう。

しかし、今どきの若者は、昔よりその辺がゆるくなって来た傾向にあり、恥ずかしがり屋なので周りに言わない子が多いですが、婚前交渉しちゃってる子達も多くいます。

私が現地で日本語の先生していた時も、20代前半の若い女の子が、
「小太りの男のモノは小さい」
と、こっそり教えてくれたりしました。

ミャンマー人の中では珍しいタイプですが、女の子で結構大っぴらに、
「私には彼氏が3人いる」
と話してくれた子もいました。
その子は新しくできた彼氏について、
「小さい!」
と言っていたので、「粗チン」という日本語を教えてあげました。

ミャンマーの女の子は、恥ずかしがり屋のくせに意外とイケメン好きで、まず男を顔で見ますね。
それで、「あの人が一番かっこいい」などと、内々で話し合ったりときめいたりしています。
顔が良くない男と付き合ってる女の子は、
「彼は顔はかっこよくないけど、中身がいい」
と、はっきり言ってましたね。

男性はというと、基本シャイなくせに好きな子には意外と積極的で、いつの間にか急接近して付き合ってたりします。
男性に人気の女性像は、清楚で姿や振る舞い、性格が女性らしいタイプです。

ちなみにミャンマーでは、男女共に色白が人気みたいです。
色黒のイケメンミャンマー人よりも、色白のフツメンの方が、ミャンマー人女子には人気がありました。
なので、日本人男性は対ミャンマー人女性に、言葉の壁を乗り越えられれば優位です。
色白のイケメンは超絶モテます。

告白は、女性からする事は滅多にありません。
ではバレンタインはというと、ミャンマーでは男性が女性にチョコをあげる日なので、女性が告白するようなイベントも無いのです。
なので片思いの女性は、その思いを何年も言えないまま思い続けるなんて事が、今でもあります。

デートの時は、公園や木陰等、そこら辺に座り込んで、天気に関わらず必ず通行人に向けて傘をさし、目隠しとした上で、傘の陰でイチャつきます。
道端に傘が広げられていると、ああこの中で今若い男女が熱い事になってるんだと分かります。

浮気は男女共に、する人はするし、しない人はしないです。
なぜなら人それぞれ、性格だけでなく、淫行を良しとしない仏教的な信心深さによっても、浮気のするしないが変わって来るからです。
特に女性は基本、浮気や二股等は秘密にしますが、仲のいい友達には言う傾向です。

離婚は一昔前まで、非常に少なかったんですよ。
ところがここ数年、出会い系アプリがミャンマーにも出回り、既婚者が興味本位でやってしまって、それがきっかけで離婚になったりだとかして、以前よりも離婚が増えて来ています。
余談ですが、出会い系アプリで会う約束をして会ってみたら、息子とその母親だったなんて珍事もあったそうです。

まとめ・関連記事

ミャンマー人は思いやり深くて恩を忘れない人達。
家族愛が愛情の中心で、人間関係もそこから発展し、仲良くなると血の繋がりがなくても妹弟お姉ちゃんお兄ちゃんと呼び合う為、紛らわしい。
上下関係は、目下が徹底して上に良くする。
ミャンマー人が働くのは、家族にお金を送る為。

恋愛は男女共にまず見た目。
色白が人気。
浮気は、当事者の性格だけでなく仏教的信心深さも関わって来る為、する人としない人とがはっきり分かれる。
離婚は以前は珍しかったが、ここ数年増加傾向。

関連記事
Pocket

-ミャンマー

執筆者:


  1. […] ミャンマー人の性格!人生観から人間関係、恋愛とモテるタイプから浮気事情まで […]

  2. […] ミャンマー人の性格!人生観から人間関係、恋愛とモテるタイプから浮気事情まで […]

  3. […] ミャンマー人の性格!人生観から人間関係、恋愛とモテるタイプから浮気事情まで […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ミャンマーのタウンジーで11月の満月に行われる気球祭りに行って来た

ミンガラーバ、魂の冒険家トモカです。 2017年11月に、ミャンマーのタウンジーで毎年行われる、現地では有名なバルーンフェスティバル(気球祭り)に行って来ました。 とにかく激混みで、寒かったです。 で …

【ミャンマーのヤンゴン】おすすめお土産10選と買う場所4ヵ所!お菓子、アクセサリー、ロンジー等

こんにちは、魂の冒険家トモカです。 ミャンマーを旅行した帰り、ヤンゴンでお土産を買う際に、「どこで何を買ったらいいか分からない」と焦りがちです。 今回は、そんな焦りや時間のロスを防いで、スムーズにお目 …

ミャンマーのインレー湖でワンデーボート周遊!丸一日直射日光に晒され湖上の漁村等を見る

こんにちは、魂の冒険家トモカです。 2017年11月に、インレー湖に行って来ました! ミャンマーの観光地の一つとして人気を誇るインレー湖。 そのワンデーボート周遊の様子をレポートします。 Conten …

ミャンマー人から見た日本人。日本で働くミャンマー人は日本人をどう捉えどう思っているのか

こんにちは、トモカです。 日本で当たり前の日常を生きている日本人の姿は、外国人からどの様に思われているのでしょうか。 その一例として、今回は日本で働くミャンマー人達が、日本人をどう思っているのかという …

ミャンマーの市場!有名な食べ物もタナカも買える!野菜の大きさが日本と違う!

こんにちは、魂の冒険家トモカです。 私は2017年7月から一年間、ミャンマーで暮らしました。 よく買い物で市場に行ったんですけど、だいぶ日本と違うんですよね。 ミャンマーの市場とはどんなものだったのか …

こんにちは、矢上ともかです。
仕事は都内の法律事務所勤務を経て、2010年から占い師をしています。

12歳から16年間は鬱を患いながら過ごし、28歳の時、自力で鬱を克服し、悩める人のお役に立ちたく占い師になりました。

2013年30歳の時、バックパッカーで世界一周し、2017年7月から一年間ミャンマーで日本語教師をして、現在はデジタルノマド占い師としてインドや東南アジアを放浪しています。

「あなたが幸せに生きたら、地上から不幸な人を一人、救ったことになるんだ」という思いで、日々活動しています。