地救人を生きよう

あなたが幸せに生きたら、地球上から不幸な人を一人、救ったことになるんだ。

ミャンマー 珍事件

ミャンマーのびっくり交通事情!道路・タクシー・市営バス・電車・長距離バス

投稿日:09/25/2018 更新日:

Pocket

やあ、魂の冒険家トモカです。

2017年7月から一年間ミャンマーに住んで、よく呆れたのがそのインフラ、特に交通事情です。
そこには、日本とは全く違う交通事情が繰り広げられていました・・。

では行ってみましょう!

大通りの中央に並ぶブロックは、飛行機の着陸を防ぐ為

ミャンマー都市部、ヤンゴンの大通りには、その中央にこのようなオレンジ色のコンクリートブロックが並べてあるんですよ。

始め、この国の決まりみたいなものなのかなと思ったのですが、ミャンマー人の友達に理由を訊いたら違いました。
このブロックを置いておかないと、飛行機が着陸してしまうのだそうで、それを防いでいるのだそうです。

これは驚きましたし、笑いました。
ブロックないと道路に飛行機着陸するって何だよw

これ置かないと、上空を飛ぶ飛行機が、よさげな滑走路だと思って降りて来かねないそうですよ!

道路はセンターラインなし、車線なしの自由走行

他のそこそこ幅のある道路は、センターラインがないんですよ。
以前は引いてあったのが、経年劣化で消えたんですね。
引き直してないんです。

なので、ただ広い道路を、テキトーに車が走ってるんですよ。
二車線とか三車線のラインももちろんないんで、もう自由ですね。
三車線になってみたり、四車線になってみたり、クラクション鳴らしてみたり、路駐してみたり。
そんな感じで、ミャンマーの大通りは、車が各々自由にやってます。

右車線なのに右ハンドルの車が多いから交通事故が多い

ミャンマーの道路は、日本とは逆の右車線なのですが、日本車が大変人気で、右ハンドルの車が沢山走ってるんですよ。
運転しづらい状態で皆走ってるんです。
それでどうなるのかというと、事故ですよね。

そんな事情なので、ミャンマーの道路は交通事故が多いです。

事故が起きたらどうなるのかというと、ほとんどの人が保険に入っていないので、ひとまず警察を呼んで、あとは個人間の示談になるそうです。
事故の相手が逃げなければですが。

ちなみにミャンマーの任意保険は、死亡の場合8万円が出るそうです。
ミャンマーでは命が安いです。

市営バスは時刻表なし!バスは来るまで待つ

ヤンゴン市民の足、市営バス。
各バスには番号がついていて、番号によって行き先やルートが変わります。

バス代は200チャット(約20円)です。
降りる場所がどこだろうと、市営バスは乗ったら一律この値段です。

なんとこの市営バスには、時刻表がありません!!

バス停に、何時に何番のバスが来るという表示がないので、ミャンマー人の友達に、
「時刻表は?」
と訊いたら、
「何それ。ありませんよ。」
という反応でした・・。

それぞれのバス停には、何番のバスが来るかが書いてあるのですが、それだけです。
市民はそれを見て、あとは自分の乗りたいバスが来ると信じて、ただ待っているのです。

待っていればその内来る。
それがミャンマーの市営バスです。

タクシー代金は乗車前の交渉で決まる。メーターはない

タクシーの値段は決まってません。
値段が表示されるメーターがないのです。

なので、タクシーを止めたら行き先を伝え、そこから交渉が始まります。
自分の納得行かない価格の場合は、そのタクシーを見送り、次のタクシーを止める事になります。
なので、タクシーに乗るのは中々時間のかかる作業です。

平均的なタクシー代はと言うと、ミャンマーのタクシーは割高です。
タイのタクシーの方が安いです。

最近は、市営バスが以前よりきれいになり、エアコンもついた中、タクシーは未だエアコンもついていないボロ車が多くあります。
それにバスの10倍、20倍も払うと思うと、中々妥協できませんよね!

ヤンゴン市内の電車には窓ガラスやドアがない

ヤンゴン市内を走る電車は、窓ガラスやドアがありません。
ヤバイのかと言うとヤバイのですが、ただしスピードも遅いです。
自転車の方が速い位です。

そんな感じでノロノロ進みます。

長距離バスは時折故障し、到着が2、3時間遅れる

ヤンゴンのアウンミンガラーという長距離バスターミナルから、各エリアに出る長距離バス。
この長距離バスは、数年前より、新しくて綺麗な物が増え、道中の故障も減りました。

しかし、減ったとは言え、未だに時折故障します。
バスに乗っていると、理由がよく分からないまま、しょっちゅう停車するようになります。
そしてとうとう長い時間、路肩に止めたまま動かなくなりました。
運転手に訊いてみると故障です。
いつ直るか訊いてみてもそんなの、本人も知らないのです。
彼らにできるのは、修理にベストを尽くすだけ。

そんな感じで、到着予定の2、3時間遅れるような事が、時折起きます。

長距離バスに補助席はなく、風呂場の腰掛けに座る

この長距離バス、補助席というのがないんですよ。
補助席の代わりに、風呂場で使う腰掛けのような小さいイスを、車内中央の通路に並べて座ります。

めっちゃ座り心地悪そうです。
背もたれがないので寄りかかれませんし、眠れません。

長距離バスに乗る時には、必ず席の確保をおすすめします。

長距離バス車内は冷蔵庫。上着をお忘れなく

この長距離バス、冷房がべらぼうに寒いです。
冷蔵庫です。

なんでこんなに寒くするのかってほど寒いのですが、これにも理由があるようです。
ミャンマーは常夏で外がとても暑く、発展途上国なのでエアコンのない所も多くあります。
そんな中で、エアコンというのは、おもてなしの一つな訳です。
涼しければ涼しいほど、乗客にVIP感を与えられるおもてなしだと、バス会社は考えているのです。

当の乗客は全員凍えています。

上着や冬服などほとんど使わないミャンマーですが、長距離バスに乗る時だけは別です。
冷蔵庫(長距離バス)に乗るからという理由で、皆上着を持って乗り込みます。

常夏の国だからと上着を持たずに入国すると、こんな所に落とし穴があるので気をつけましょう。

まとめ・関連記事

ヤンゴンの道路は、飛行機着陸防止に中央にコンクリートブロックが置いてあるか、もしくはセンターラインも何もない、右車線。
交通事故多め。

市営バスは時刻表なし。
来るまで待つ。

タクシー代は乗る前にドライバーと交渉して決める。

ヤンゴン市内の電車は自転車より遅く、窓ガラスもドアもない。

長距離バスは時折故障し到着が遅れる。
車内は冷蔵庫並に寒い。
補助席代わりに風呂場の腰掛けを使う。

関連記事
Pocket

-ミャンマー, 珍事件

執筆者:


  1. […] ミャンマーのびっくり交通事情!道路・タクシー・市営バス・電車・長距離バス […]

  2. […] ミャンマーのびっくり交通事情!道路・タクシー・市営バス・電車・長距離バス Tweet Pocket!function(d,i){if(!d.getElementById(i)){var j=d.createElement("script");j.id=i;j.src="https://widgets.getpocket.com/v1/j/btn […]

  3. […] ミャンマーのびっくり交通事情!道路・タクシー・市営バス・電車・長距離バス […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【インドのゴア】アランボールの森の中の小川で全身クレイパック

こんにちは、魂の冒険家トモカです。 2018年11月の1ヶ月間は、インドのゴアの北部、アランボールという地域で過ごしました。 アランボールは、アートな感性が高く、スピリチュアルに関心のある欧米人や、冬 …

ミャンマーのバガンをミャンマー人とミャンマー式参拝!額を地に5度つけ拝む

ミンガラーバ(こんにちは)、魂の冒険家トモカです。 2017年10月に、当時働いてた日本語学校のみんなと、バガンに旅行に行って来ました! ミャンマー人のみんなと行くバガンってこんな感じです。 それでは …

ミャンマーのタウンジーで11月の満月に行われる気球祭りに行って来た

ミンガラーバ、魂の冒険家トモカです。 2017年11月に、ミャンマーのタウンジーで毎年行われる、現地では有名なバルーンフェスティバル(気球祭り)に行って来ました。 とにかく激混みで、寒かったです。 で …

イポーで一番安くておいしいチキンライスを発見しました【マレーシア】

こんにちは、トモカです。 2019年6月10日から7月20日の間の1ヵ月以上を、イポーに滞在したんですけど、それでついに見つけてしまいました。 イポーで一番、安さとおいしさとを、兼ね備えたチキンライス …

ミャンマーの三大ビーチリゾート比較!ガパリビーチ・グエサウンビーチ・チャウンタービーチ

こんにちは~、魂の冒険家トモカです。 ミャンマーには、ビーチリゾートで有名な所が3つあります。 ガパリビーチとグエサウンビーチ、チャウンタービーチです。 これら3つのビーチリゾートを、ヤンゴンからの行 …


魂の冒険家トモカです。

仕事は2010年から占い師をしています。

12歳から16年間は鬱を患いながら過ごし、28歳の時、自力で鬱を克服し、悩める人のお役に立ちたく占い師になりました。

2013年30歳の時、バックパッカーで世界一周し、2017年7月から一年間ミャンマーで日本語教師をして、現在はノマド占い師としてインドや東南アジアを放浪しています。

「あなたが幸せに生きたら、地上から不幸な人を一人、救ったことになるんだ」という思いで、日々活動しています!