地救人を生きよう

あなたが幸せに生きたら、地球上から不幸な人を一人、救ったことになるんだ。

アジア 日記

大連出張でわかった海外出張のリアル。山登っても会食してもつまらないが中国茶はおいしい

投稿日:

Pocket

こんにちは、魂の冒険家トモカです。

2017年11月に中国の大連に出張したんですよ。
三泊四日でしたけど。

海外出張って、漠然とした憧れがあったんですけど、実際はつまらなかったですね。
どっか連れてってもらっても、気を遣うばかりで。

今回はそこで見た大連ってこんな感じっていうのをレポートします。

11月で気温はマイナス2度!北海道と同じ気温の大連

寒い寒いって聞いてたんですよ、大連。
何でも北海道と同じ気温でね、1月辺りはマイナス10度が当たり前だとか。
これは大変だと、寒いの大のニガテな私は、ダウンのコートからヒートテック的な物だとか買いまくりまして、大連出張に備えました。

空港に着いて外に出ると案の定、晴れてるのに空気冷たくて、気温を訊いたらマイナス2度。
11月でマイナス2度だなんて、こんな所自分は住めないなって思いましたね。
これだけ冬服重装備して、三泊四日だけだったんで、まあいいですけど。

経済特区の乱開発!立ち上るタワーマンション群


↑ 泊まったビジネスホテルの窓から見た大連。
左側に並んでいるのが、造られているタワーマンション群です。

大連、タワーマンションが沢山あるんですけど、それが、タワーマンション「群」なんですよね。
同じタワーマンションが、30も50も一ヵ所に集まって並んでる。
それが全部、一人の同じオーナーの所有だとか。

そしてそこを過ぎると、また別のデザインのタワーマンション群が並んでる、の繰り返しでした。車の車窓から見た大連の街並みは。
殺風景な何もない広い土地に、バカスカタワーマンション建てた感じです。

日本のマンションの規模とは、ワケが違いましたね。
ケタ違いでした。
中国の金持ちはとんでもない金持ちなんだなーと、思わざるを得ませんでしたね。
しかもそんな、タワーマンションをまとめて30棟買える様な金持ちがゴロゴロいるんだとも感じました。

本格的な中国の茶器で飲む中国のお茶はおいしい!

これが私の大連出張の、唯一ちょっと楽しかった点でした。
関連会社の応接間で、本格的な中国の茶器で淹れたお茶を飲ませてもらえるっていうのが。
もう最後の頃なんて、自分で淹れて中国人に出してました。

淹れ方は次の通りです。
まず急須にお茶の葉を入れ、お湯を入れたら、そのお湯を捨てます。

こうしてお茶の葉を洗うのだそうです。
中国のお茶の葉には細かいゴミがついてるから、まずそれを流すんですね。

で、器にお茶を注いだら、一杯目は捨てます。

器を温めて、ぬるくなったお茶を捨てるんです。

中国の茶器って、そのまま下に豪快にジャアジャアお湯を流せる所は、日本にはない感じで、楽しかったです。

それで二杯目を入れます。

そんなこんなを経て漸く出来上がりです。

香り高くておいしかったですよ!

山に遊びに行ってもつまらない!出張で来る大連

お世話になった関連会社の方が、大連の街の近くにある山に連れてってくれました。

ひたすら石段を何百段も上りました。
そして上り終えるとお寺がありました。

それで参拝なんかしちゃったりして、また下山しました。

これね~、関連会社の50歳位の日本語話せる中国人男性と二人で行ったんですけど、微妙に気を遣うし山は上るし、何だか心身共に疲れましたね。

会食してもつまらない!アルコール度数50の酒を飲まされる大連出張

あれ、会食の時撮った写真、どっか行ったな・・。
中国のよくある丸テーブルあるじゃないですか。
あれで夜食事したんですよ、中国人3人とね。

中国語と日本語と英語が入り混じる会食でした。
でもほとんど中国語で、中国語分からない私は食ってただけだったんですけど。
食事はまあ、おいしかったですね。

そこでバイジュとかパイチューと呼ばれる中国の酒が出て来るんですよ。
透明でね、漢字だと白酒って書くんですけど。
それが、メーカーによって、度数や価格が色々なんですが、大体アルコール度数50度位あるんです。

私普段お酒ニガテで飲まない人なんですが、中国人は皆結構酒強くて、飲ませて来るんですよね。
試しにそのバイジュ原液で飲んでみたら、なぜか私それだけは行けて、3杯位飲んでました。
それからは、「やー私、お酒はニガテで、バイジュしか飲めないんですよ」って言うワケ分かんない人物になりました。

ちょっと高級な中華の会食に出させてもらってもやっぱり、気が抜けないし気を遣うし、つまらなかったですよ。
関連会社の視察っていう、大連出張の仕事自体つまらなかったのは、言う間でもないですよね。

まとめ:海外出張は仕事関係の人といる限り全ての時間が仕事感

や~、大連滞在の間、一人で部屋にいる時以外は常に仕事関係の人といたんですが、それだと何だかずっと、仕事感が拭えませんでしたね。
山に遊びに行っても遊んでる感いまいちありませんし、食事行っても気が抜けないし。

海外出張ってステキだなってイメージがあったんですが、実際は要は仕事でした。
楽しかったのは中国本場の茶器で中国茶を淹れる事だけです。

大連は寒くて、北海道と同じ気温です。
秋冬に行かれる方は、冬服をしっかりご準備くださいね。

Pocket

-アジア, 日記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【モルディブ】ローカル島のディフューシ島観光!マレからの行き方やエスカーション等

こんにちは、トモカです。 私は2019年7月31日から8月3日までの3泊4日、モルディブのローカル島の1つであるディフューシ島に滞在しました。 ディフューシ島は、マレと同じ環礁の、マレより北東にある小 …

モルディブのローカルなスーパーの物価!水が約50円でコーラが約100円

こんにちは、トモカです。 私は2019年7月28日から8月3日までの1週間、モルディブに滞在しました。 マレと、ローカルアイランドのマーフシ島とディフューシ島に泊まったのですが、滞在中ローカルなスーパ …

守護霊のメッセージに導かれて占い師しながらインドの南部へ出発

こんにちは、魂の冒険家トモカです。 2017年7月から一年間ミャンマーで働いて2018年6月終わりに帰国し、日本でのんびり暮らそうとしていたのですが、そうは行きませんでした。。 守護霊からのメッセージ …

【モルディブ観光】マーフシ島のエスカーションをご紹介

こんにちは、トモカです。 私は、2019年7月29日から31日の2泊3日で、モルディブのマーフシ島というローカル島へ行って来ました。 泊まったホテルでマーフシ島が準備しているエスカーションという、オプ …

【動画付き】クアラルンプールのナイトクラブ紹介!Zouk KLなど5ヵ所

こんにちは、トモカです。 2019年半ばにマレーシアに滞在していた際に、マレーシア最大級のクラブZouk(ズーク) KLを含む5ヵ所のクラブに行って来ましたので、ご紹介します。 動画も撮って来たので載 …


魂の冒険家トモカです。

仕事は2010年から占い師をしています。

12歳から16年間は鬱を患いながら過ごし、28歳の時、自力で鬱を克服し、悩める人のお役に立ちたく占い師になりました。

2013年30歳の時、バックパッカーで世界一周し、2017年7月から一年間ミャンマーで日本語教師をして、現在はノマド占い師としてインドや東南アジアを放浪しています。

「あなたが幸せに生きたら、地上から不幸な人を一人、救ったことになるんだ」という思いで、日々活動しています!