ミャンマー

ミャンマーのタウンジーで11月の満月に行われる気球祭りに行って来た

投稿日:10/10/2018 更新日:

Pocket

ミンガラーバ、魂の冒険家トモカです。

2017年11月に、ミャンマーのタウンジーで毎年行われる、現地では有名なバルーンフェスティバル(気球祭り)に行って来ました。

とにかく激混みで、寒かったです。

ではその様子を詳細にレポート致します!

なぜ、気球か?あれは気球ではなくデカい灯篭

ミャンマーってねぇ、10月や11月の満月に、民衆が空に灯篭を飛ばすんですよ。
こんな風に。


↑ ソレ用のビニール袋の下に、ろうそくをセッティングし、その熱で浮き上がらせる。


↑ 飛びそうだ!いいぞ!大丈夫だ!
「ヤーレ(大丈夫)!」と言い合って手を放すと、ビニールが空を飛ぶ。

この燃えた灯篭が電線に引っかかったりすると大変な事になるが、それもこの時期、よく起きます。

満月のビニール袋、すごいキレイ!

この灯篭空流しのバカデカいバージョンをやろうというのが、タウンジーの11月の満月のお祭りです。

タウンジーの気球祭りの日程と参加に当たってのご注意

タウンジーの気球祭りは、毎年11月の満月の翌日までの一週間、行われています。
満月の日に行けば間違いありません。

ですが、この祭りはミャンマー全土のミャンマー人に非常に有名&人気で、タウンジーのホテルは相当早くから予約をしておかないと、なくなります。
インレー湖周辺のホテルを予約して、約二時間かけて会場に向かうのも一つの手です。

祭りは夜、日が暮れてからがおすすめですが、まず、道が混みます。
激混みです。
道路は祭りの会場に向かう車やバイクのカーチェイス。
センターラインなんか無視して皆山道を上ります。

タウンジーの大通りで「ポエー(祭り)、ポエー(祭り)」と声をかけているバスに乗れば、会場近くまで行けます。
ただし、バスと言っても日本のバスとは違います。


↑ 写真中央を見てください。
これがタウンジーの街の「バス」として使われていました。
すし詰めで乗り込み、乗れない人はバスの屋根に乗ります。
私は行きも帰りも屋根でした。
正直この屋根乗って山道カーチェイスしてる時間が、祭りより楽しかったですね。

祭りの会場近くのバス停に着くと、そこから歩きます。
人波に沿って屋台や露店の沢山並ぶ道を行くと、やっと会場に着きました。
すんげー広いです。
その広い会場に、無数の人が押し合いへし合いしています。

スリや置き引きには十分気をつけてください。
いい人が多いミャンマー人ですが、実はスリの被害も多い国です。
手荷物貴重品の管理をしっかりしましょう。

会場で場所を決めたら、地面に座って祭りを見る事になります。
レジャーシートは必須です。
なければ新聞紙等でも代用できます。

ああ始まったと見ていると、何気に寒い。
タウンジーは、山の街です。
ミャンマーの他の街より標高が高い為、気温が低く、11月の夜はパーカー等の上着が必要です。
それの上、祭りの会場は、タウンジーの街より更に山を上がった所で行われるので、その分気温が下がります。
拙者はTシャツにジーパン+パーカーで行きましたが、それだと寒かったです。
薄手のコートとマフラーがあると丁度いいでしょう。
足元ももちろん、裸足にサンダルではなく、靴下と靴にしてください。
会場は広いグラウンドの様な所で、土埃もすごいですから、汚れてもいい物を着用して行きましょう。

気球が飛ぶのは30分に1回!ただ座ってると寒いし飽きる

会場の周囲には、観覧車やバイキングの乗り物も出ています。

気球祭りが始まりました。
会場中央では、巨大バルーンが膨らみつつあります。

そして離陸!

上空へ行くと、美しい火花を散らし始めました。
気球から下方へ発射される花火です。

遠くなっても火花が出ています。

見えなくなると、次の気球を飛ばす準備が始まります。

この間が長い!
一つ気球が飛んでから、次の気球が飛ぶまでの間が!!!
30分位かかってたと思います。
だからこの気球祭りっていうのは、光景はハデだけど内容は単調な祭りで、一個気球が飛ぶのを見たら次まで30分待ち、の繰り返しで、個人的には退屈でした!!

次の気球が膨らまされては飛んで行く。

見えなくなって行く。火花を散らしながら。

退屈だし、ただ座ってんの寒いしで、私はやがて会場をウロウロし出し、屋台のゆでたとうもろこしとか揚げ物食いながら見てましたね。

タウンジーの街からも、場所によっては、祭りの気球が飛んで行くのを遠く見かける事ができます。

まとめ:大混雑してる割には寒くて退屈!「ながら見」がおすすめの気球祭り

気球祭り期間のタウンジーのホテルの予約は取れづらい。
早めに確保するか、インレー湖に宿取って、そこから約二時間かけて向かう。

気球祭りは、行く道中からして混んでいる。
会場も激混み。

気球上がるのが30分に一個位なので、ただ座ってると寒いし飽きる。
なのでこの気球祭りは、何か食べながらとか、携帯にダウンロードした動画見ながら等の「ながら見」がおすすめ!

Pocket

-ミャンマー

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ミャンマー人の仕事観や働き方の特徴。15分の遅刻は遅刻じゃない

こんにちは、魂の冒険家トモカです! 2017年7月から一年間、ミャンマーで日本語教師として働きまして、色々見えて来たんですよ。 ミャンマー人というものが。 性格はいいんですけどね、一緒に働くとなると、 …

東南アジアの雨季、ミャンマーの事例。道路が小川になり、膝まで浸かりながら歩く

こんにちは、魂の冒険家トモカです。 2018年にミャンマーの雨季を初体験致しましたので、今回はその様子をレポートします! ミャンマー、旅行するなら10月下旬以降4月までがおすすめ! 東南アジアの雨季は …

ミャンマー人のマナーと礼儀作法!腕組みするのは敬意の表現など6つ

ミンガラーバ、魂の冒険家トモカです。 ミャンマーの礼儀作法やマナーって、日本とだいぶ違う所があるんですよ。 今回はそれをご紹介しますね。 Contents腕組みは敬意の表現!年上の人達に対して腕組みを …

【ミャンマー】ピーの街の見所!メガネ大仏、世界遺産に白亜の寺院、とどめは山の上のお寺!

ミンガラーバ、魂の冒険家トモカです。 2017年8月に、当時働いてたミャンマーの日本語学校のみんなと、ピーの街に遊びに行きました。 ピーの街はヤンゴンからバスで6時間。 ミャンマーの何の変哲もない地方 …

【ミャンマー】ヤンゴンのおすすめナイトクラブ Best 3【動画付き】その他のクラブも紹介!

こんにちは! クラバー歴13年、ミャンマー滞在歴1年以上のトモカです! 今回はそんな私が、ミャンマーで踊りたい皆さんの為に、ヤンゴンのおすすめナイトクラブベスト3を発表致します! 動画付きでクラブのフ …

こんにちは、トモカ(矢上ともか)です。
仕事は都内の法律事務所勤務を経て、2010年から占い師をしています。

12歳から16年間は鬱を患いながら過ごし、28歳の時、自力で鬱を克服し、悩める人のお役に立ちたく占い師になりました。

2013年30歳の時、バックパッカーで世界一周し、2017年7月から一年間ミャンマーで日本語教師をして、現在はデジタルノマド占い師としてインドや東南アジアを放浪しています。

「あなたが幸せに生きたら、地上から不幸な人を一人、救ったことになるんだ」という思いで、日々活動しています。