地救人を生きよう

あなたが幸せに生きたら、地球上から不幸な人を一人、救ったことになるんだ。

ミャンマー 外国人の国民性 東南アジア

ミャンマー人のマナーと礼儀作法!腕組みするのは敬意の表現など6つ

投稿日:11/07/2018 更新日:

Pocket

ミンガラーバ、魂の冒険家トモカです。

ミャンマーの礼儀作法やマナーって、日本とだいぶ違う所があるんですよ。
今回はそれをご紹介しますね。

腕組みは敬意の表現!年上の人達に対して腕組みをするミャンマー人

日本人にとって、一番違和感のあるミャンマー人の敬意の表し方はこれでしょう。

日本人にとっては、腕組みというのは、考え事をしているとか、怒っている、または自分を強く見せようとしているといった、公的の場ではあまり好ましくないポーズです。

しかしミャンマーでは、腕組みは、目上の人に対する敬意の表現なのです。

なので例えばミャンマーでは、学校で生徒が授業中に立ち上がって、先生に対して質問したり話したりする際には、生徒が先生に対して腕組みをします。
就職活動の集団面接でも、面接を受ける人が面接官に、腕組みをして発言します。
この方が印象が良いというのが、ミャンマーでの共通概念なのです。

この様子を初めて見た日本人は、「なんで目下の奴が目上の人に向かって改めて腕組みして見せるんだ?」と、違和感や不快感を感じます。

しかし、これがミャンマー人の礼儀作法なのだと、わかってあげてください。

ミャンマーには実は挨拶の習慣がない。会社に無言で出勤するミャンマー人

「ミンガラーバ」という挨拶がミャンマーにはありますが、実は日本の「さようなら」という挨拶と同じくらい、ミャンマー人は普段使いません。
講演会などの公的な場で、聴衆に挨拶が必要な時に用いる程度で、友達同士で日常的に使う挨拶ではないんです。

じゃあ、彼らは普段何と挨拶し合うのかと言えば、「こんにちは」などの決まった挨拶は、実はミャンマーにはないんです。

友達同士で会った時には、挨拶代わりにまず「もうご飯食べた?」と訊き合って、それから会話が始まります。
街で目上の人に会った時には、「お元気ですか?」等、目下の人から話題を振るのが礼儀正しいとされています。

このように、決まった挨拶はミャンマーの日常生活にはないのです。
なので例えば会社に出勤する時は、みんな無言で続々とオフィスに集まります。
これは、職場でまず「おはようございます」と言うのが絶対必要な日本人には、失礼な光景に見えます。
けれど彼らにとっては、無言で職場に入って来るのは失礼でも何でもなく、当たり前の事なんです。

物を差し出す時は、両手ではなく片手を肘に添えて片手で差し出す

日本人の丁寧な物の渡し方は、物を両手で持って、相手に差し出すというやり方です。

ミャンマーでは、それが少し違います。
何か物を相手に差し出す時は、片手で物を持ち、もう片方の空いている手を、物を持っている腕の肘辺りに添えて差し出します。

やり方は違いますが、丁寧さは伝わって来るので、あまり違和感はありません。
これが彼らの流儀なんだと分かります。

目上の人の前を通る時は、頭を下げて体をかがめて通る

日本では、例えば先輩達が話している所を後輩が通りかかる時は、軽く頭を下げてから通ります。

ミャンマーでは、もっとガッツリ頭を下げます。
更に体もかがめ、膝も折るようにして、極力低姿勢を保った状態で、目上の人の前を通りすぎるまで、その姿勢で歩き続けます。

日本人からしたら、そんな大げさな体勢取らなくていいよと思うのですが、それが彼らの小学校から教えられている礼儀であり、自然な行為なんです。

目上の人の荷物を持ってあげる、傘をさしてあげると至れり尽くせり!

日本人も、目上の人に気を遣いますが、ミャンマー人も、彼らの流儀で気を遣います。
その気の遣い方が、日本人よりもっと露骨で至れり尽くせりです。

目上の人が荷物を持っていたらそれを目下の者が持ってあげ、目上の人が傘をさしていれば、その傘を持ってあげるという具合です。
それに差し入れなんかもしょっちゅうあげたりして、日々お世話になっている恩返しをしようとします。

目上の人と食事に行ったら、目下の人が目上の人の分を払う

日本では、先輩と後輩とが食事に行ったら、先輩が後輩の分を払おうとします。
しかしミャンマーでは、後輩達がお金を出し合って、先輩の分を払おうとします。

例えば大学の先生と生徒達で食事に行けば、会計時に学生達が先生の分を出し合い、会社の上司と部下達で食事に行けば、部下達が上司の分を払おうとします。

ですが、そこで日本の様に、目上の人が払ってあげる姿勢を見せると、案外ちゃっかり甘えて来るのもミャンマー人です。

まとめ・関連記事

ミャンマー人に挨拶の習慣はない。
彼らが目上の人に腕組みするのは、敬意の表現。
物を差し出す時は、片手で渡して、もう一方の手を肘の辺りに添える。

目上の人に対し、ミャンマー人は、荷物を持ってあげたり傘をさしてあげたり、食事代を払ってあげたり、至れり尽くせり。
それがミャンマーの上下関係であり礼儀。

関連記事
Pocket

-ミャンマー, 外国人の国民性, 東南アジア

執筆者:


  1. […] ミャンマー人のマナーと礼儀作法!腕組みするのは敬意の表現など6つ […]

  2. […] ミャンマー人のマナーと礼儀作法!腕組みするのは敬意の表現など6つ […]

  3. […] ミャンマー人のマナーと礼儀作法!腕組みするのは敬意の表現など6つ Tweet Pocket!function(d,i){if(!d.getElementById(i)){var j=d.createElement("script");j.id=i;j.src="https://widgets.getpocket.com/v1/j/btn.js?v=1";var […]

関連記事

イポーのオールドタウン観光!グルメやウォールアートやカフェ【マレーシア】

こんにちは、トモカです。 私は2019年6月10日から7月20日の間の大半を、イポーのオールドタウンに滞在しました。 それで気がついたら、オールドタウンに少し詳しくなっていたので、オールドタウン観光に …

ミャンマーのびっくり交通事情!道路・タクシー・市営バス・電車・長距離バス

やあ、魂の冒険家トモカです。 2017年7月から一年間ミャンマーに住んで、よく呆れたのがそのインフラ、特に交通事情です。 そこには、日本とは全く違う交通事情が繰り広げられていました・・。 では行ってみ …

コタキナバルのナイトフードマーケット!地図の場所やおすすめ屋台【マレーシア】

こんにちは、トモカです。 私は2019年8月20日から9月12日までの約3週間、マレーシアのコタキナバルに滞在しました。 コタキナバルの街と言えば、海の近くにある大きなナイトフードマーケットが有名です …

私が見たインド人の嫌な性格3つ。何でも借りたがる・金銭トラブルでは絶対譲らない・人を使って金儲け

こんにちは、魂の冒険家トモカです! 私は2018年10月終わりに初めてインドに来て、45日間の長期滞在を試みています。 初めて接したインド人という人達との間で起こった諸々のトラブルや出来事を通じて、私 …

イポーで一番安くておいしいチキンライスを発見しました【マレーシア】

こんにちは、トモカです。 2019年6月10日から7月20日の間の1ヵ月以上を、イポーに滞在したんですけど、それでついに見つけてしまいました。 イポーで一番、安さとおいしさとを、兼ね備えたチキンライス …


魂の冒険家トモカです。

仕事は2010年から占い師をしています。

12歳から16年間は鬱を患いながら過ごし、28歳の時、自力で鬱を克服し、悩める人のお役に立ちたく占い師になりました。

2013年30歳の時、バックパッカーで世界一周し、2017年7月から一年間ミャンマーで日本語教師をして、現在はノマド占い師としてインドや東南アジアを放浪しています。

「あなたが幸せに生きたら、地上から不幸な人を一人、救ったことになるんだ」という思いで、日々活動しています!