インド

【インドのゴア】アランボールの森の中の小川で全身クレイパック

投稿日:12/03/2018 更新日:

Pocket

こんにちは、魂の冒険家トモカです。

2018年11月の1ヶ月間は、インドのゴアの北部、アランボールという地域で過ごしました。
アランボールは、アートな感性が高く、スピリチュアルに関心のある欧米人や、冬の寒さを避けて来るロシア人の集まる場所でした。

そんなアランボールビーチから、少し歩いた森の中に、天然のクレイパックができる場所がありました。
美の執念に燃えた私と欧米人女性の友達は、自然の中でクレイパックを目論んだ・・・。
今回はその天然クレイパックの場所とやり方をご紹介します。

アランボールの北にカラチャビーチというビーチがある

アランボールビーチの北の端は、こんな風に、海岸沿いにレストランやショップの建物が並んでいます。
その道を海に沿って抜けると、岩場の海岸に出ます。
そこを更に歩いて北へ行くと、カラチャビーチというビーチに出ます。

アランボールの海岸よりも人が少なめで、浜辺に座ってのんびりしている人が多く、夕日を眺めるのにいい場所です。

スイートレイクの左奥の山の中にクレイパックができる小川がある

このカラチャビーチの後ろには、砂浜伝いにスイートレイクという名の湖があります。

この湖の左に、山の中へと入って行く小道があります。

この小道を奥へと進むと、やがて右手に小川が見えて来ます。


↑写真中央から左にかけて、クリーム色の土があるのが見えますね。
これがクレイパックの元になる粘土質の土です!
これを使って全身クレイパックします。

天然クレイパックのやり方。粘土を掻き出して水で溶き全身に塗って乾かし流す

水着は事前にご着用ください。
現場に辿り着いたら服を脱ぎ、水着になります。

では、クレイパックのやり方です。
①小川の岸辺にある粘土質の土を、その辺に転がっている石を使って掻き出します。


↑美容の為にはこの労働を厭わないでください。

②土を掻き出したら、手で掬い取り、平らな岩の上に乗せます。
水を少量加え、手のひらと岩肌を擦り合わせるようにして、粘土を溶かします。

③溶いたクレイを、両手で体に塗って行きます。

①〜③の作業を、クレイが全身に塗れるまで繰り返します。

塗り終わったら、乾かします。
乾いてクレイが白っぽくなるまで、10分から15分待ちましょう。
その間は、写真を撮って遊ぶと良いです。


まるでインドのサドゥもかくやという有様です。

乾いたら、クレイを水で流します。

小川か海に入るときれいに流れます。

クレイを落とした肌を触ってみてください!
生まれ変わった様にさらさらで柔らかくなっています!

まとめ

天然クレイパックという美の道は、クレイになる土の掻き出しという労働から始まる。
粘土質の土を水で溶き、全身に塗った様は、アフリカの部族もかくやというものであった。

乾かしてクレイを流すと、肌が生まれ変わったようにスベスベさらさらふんわり!

無料の天然クレイパック、ここに極まれり。

Pocket

-インド

執筆者:

関連記事

ケララ州の山の町バガモンの絶景ポイントランキング【インド】

こんにちは、トモカです。 私は2019年4月21日から1週間、インドのケララ州にある、バガモンという山の地域を旅しました。 今回は、バガモンってそもそもどこにあるのかという事から、ベストシーズンや、ざ …

【インドのゴア】アランボールのおすすめカフェ&レストランと人気のスイーツをご紹介!

こんにちは、魂の冒険家トモカです。 2018年11月は、インドのゴアの北部、アランボールで過ごしました。 今回は、これからアランボールに行かれる方に、おすすめのカフェやレストラン、アランボールで人気の …

マイソールのおすすめ安宿とおすすめできない安宿【インド】

こんにちは、トモカです。 私はインドのマイソールに、2019年5月から13日までの9日間、滞在しました。 その間に、マイソールの安宿4ヶ所に行きました。 今回はその中で、最もおすすめの安宿と、そうでな …

インド人男性のしつこいナンパ、その原因と実例。ロマンチストで空気読めないインド人

こんにちは、魂の冒険家トモカです。 インド人の男にも色んなタイプがいると思いますが、インド人男性のナンパは概してしつこいです。 それには理由があります。 日本人とインド人の、コミュニケーション文化の違 …

私が見たインド人の嫌な性格3つ。何でも借りたがる・金銭トラブルでは絶対譲らない・人を使って金儲け

こんにちは、魂の冒険家トモカです! 私は2018年10月終わりに初めてインドに来て、45日間の長期滞在を試みています。 初めて接したインド人という人達との間で起こった諸々のトラブルや出来事を通じて、私 …

こんにちは、トモカ(矢上ともか)です。
仕事は都内の法律事務所勤務を経て、2010年から占い師をしています。

2013年30歳の時、バックパッカーで世界一周し、2017年7月から一年間ミャンマーで日本語教師をして、現在はデジタルノマド占い師として東南アジアを放浪しています。

「あなたが幸せに生きたら、地上から不幸な人を一人、救ったことになるんだ」という思いで、日々活動しています。