地救人を生きよう

あなたが幸せに生きたら、地球上から不幸な人を一人、救ったことになるんだ。

ミャンマー 東南アジア

【ミャンマー】ヤンゴンで買えるおすすめお土産10選と買える場所4ヵ所。お菓子、アクセサリー、ロンジーなど

投稿日:02/04/2019 更新日:

Pocket

こんにちは、魂の冒険家トモカです。

ミャンマーを旅行した帰り、ヤンゴンでお土産を買う際に、「どこで何を買ったらいいか分からない」と焦りがちです。
今回は、そんな焦りや時間のロスを防いで、スムーズにお目当てのお土産が買えるヤンゴンのお店4ヵ所とお土産10選をお伝えします。

尚、金額の円換算は、2019年2月4日現在のものです。

ミャンマーお土産を買うヤンゴンの場所4ヵ所と買えるお土産

ヤンゴンのどこでどんなお土産が買えるのか、まずお店の場所を分かりやすく4ヵ所にまとめました。

シュエバズンでミャンマーのクッキーとコーヒーを買おう

ミャンマー人に人気のカフェ&ベーカリー、シュエバズンで、お土産にミャンマーのクッキーとコーヒーパウダーが買えます。

シュエバズンはヤンゴン市内に2店舗あって、場所は地図の黄色い星マークがある所です。

シュエバズン2店舗への詳しい行き方や営業時間、店内の様子は、こちらの記事にまとめましたので、行かれる方はご確認ください。
シュエバズン2店舗への行き方とおすすめお土産クッキー&コーヒー【ミャンマーのヤンゴン】

シティマートでタナカ石鹸・Top・ロイヤル・コーヒー・ヘアココナッツオイルを買おう

ヤンゴン市内に多数店舗があるスーパー、シティマートで、タナカ石鹸やカシューナッツのお菓子のTop、ミャンマーミルクティーのロイヤル、ミャンマー産のコーヒーや、ヘアココナッツオイルが買えます。

何店舗もある中で、お土産を買うのに最も良いシティマートは、ボージョーアウンサンマーケットの斜め向かいにある、ジャンクションシティーというデパートの4階にあるシティマートです。
お土産用の商品が充実しています。

場所はこちら。

↑このデパートの4階です。
ボージョーアウンサンマーケットと両方行ける、便利な立地です。

ボージョーアウンサンマーケットでミャンマーのTシャツ・ロンジー・翡翠のブレスレットを買おう

観光客向けのお土産店が結集しているボージョーアウンサンマーケット。
安価な物から高価な宝石類まで、色々売られています。

このボージョーアウンサンマーケットでは、ミャンマーのTシャツやロンジー、安い翡翠のブレスレットのお土産を買うのにおすすめです。
それぞれの買えるお店の場所は、下の「おすすめお土産」の項目で個別に述べています。

場所はダウンタウンの北のこちら。

このボージョーアウンサンマーケットは、時折イスラムの祝日やミャンマーの祝日で、こちらとしては不意に全面休業日に見舞われるので、注意が必要です。

シュエダゴンパゴダで仏像と翡翠のブレスレットを買おう

シュエダゴンパゴダに入る手前の階段の両側には、土産物屋が並んでおり、仏像を売る店が多くあります。
この土産物屋は、シュエダゴンパゴダの入場料を払わずに、買い物する事ができます。

仏像は大小様々な大きさが売られており、値段は大きさや店によってもまちまちです。
お土産にミャンマーの仏像を買って行かれたい方には、この場所がおすすめです。
あと、安い翡翠のブレスレットも沢山売られています。

どんな物がいくらぐらいで売られているかは、下段の「おすすめお土産」で個別に記載しています。

シュエダゴンパゴダの場所はこちらです。

ミャンマーのおすすめお土産10選

ミャンマー旅行のお土産に良い物を10種類選びました。
シュエバズンのクッキーとミャンマー産のコーヒー、ミャンマーのミルクティーの「ロイヤル」、カシューナッツのお菓子「Top」と、タナカ石鹸とココナッツオイルと、翡翠のブレスレット、ミャンマーのTシャツとロンジーと仏像です。
買える場所と価格も明記しています。

ミャンマーお土産その1、シュエバズンのクッキー

ミャンマーで人気のカフェ&ベーカリー、シュエバズンでは、色々な種類のクッキーが売られていますが、お土産にぴったりなのはこちら。

↑「クランチーキャラメライズドクッキーズ」、一箱1600チャット(約115円)。
安くておいしくて、適度な大きさでお土産用の箱に入っているので、いくつか買って日本へ持ち帰るのにも困らなそうです。

シュエバズンへの行き方は、こちらの記事をご確認ください。
シュエバズン2店舗への行き方とおすすめお土産クッキー&コーヒー【ミャンマーのヤンゴン】

ミャンマーお土産その2、ミャンマー産のコーヒー

ミャンマー産のドリップ用コーヒーパウダーは、シュエバズンか、デパートのジャンクションシティ4階にあるシティマートで買うといいです。

シュエバズンで買えるコーヒーパウダーはこちら。
200グラムで3500チャット(約255円)です。

シティマートでは、いくつかの種類のミャンマー産のコーヒーパウダーが売られており、価格帯は一袋2500チャット(約180円)〜7500チャット(約545円)位です。

個人的には、実際お店で飲んでおいしかった、シュエバズンのコーヒーパウダーがおすすめですね。

ミャンマーお土産その3、ミャンマーミルクティーの「ロイヤル」

ミャンマーのローカルな喫茶店で飲む事のできるミルクティーが、ご自宅でも楽しめる、粉末ミルクティーが、ミャンマーでは数種類売られていますが、最も老舗で有名な商品は、「ロイヤル(Royal)」です。

シティマートで買えます。
他にもコンビニなど、色々な場所で売られている、庶民的でメジャーな商品です。

30パック入りで、一袋3100チャット(約225円)。
結構ずっしり来る重さなので、日本への持ち運びの際にはご注意ください。

ミャンマーお土産その4、カシューナッツのお菓子の「Top」

ミャンマー人にとっては高級な、カシューナッツのお菓子「Top」も、おいしくてお土産におすすめです。

シティマートで買えます。
一箱12枚入り240グラムで、4800チャット(約350円)です。

ミャンマーお土産その5、タナカ石鹸

ミャンマー人がよく顔に塗っているクリーム色のタナカ。
肌に良いと言われているこのタナカが石鹸になった物が、タナカ石鹸です。

シティマートで買えます。

1つ1500チャット(約110円)です。
お土産向きにしっかりしたきれいな箱に入っているので、嬉しいですね。

ミャンマーお土産その6、ヘアココナッツオイル

ミャンマーは実は、ヘアココナッツオイルが安いんです。
バラまき用お土産に沢山買うのも良さそうです。

これは髪の毛用のココナッツオイルで、使い方は現地人によると、お風呂に入る1時間位前に、ヘアココナッツオイルを髪にパックし、1時間ほどおいてから、シャンプーして洗い流すと良いのだそうです。

シティマートで買えます。

↑右の小さいボトルが90ml入りで750チャット(約55円)、左の大きい方は180ml入りで1400チャット(約100円)です。

ミャンマーお土産その7、翡翠のブレスレット

ミャンマーは翡翠の産地で有名で、お土産屋さんにも、安価な翡翠のブレスレットが売られています。

ボージョーアウンサンマーケットと、シュエダゴンパゴダの階段の土産物屋で買えます。
両方とも価格帯は、1つ2千チャット(約145円)から3千チャット(約220円)です。

ボージョーアウンサンマーケットでは、翡翠のブレスレットは沢山のお店で売られており、歩いていると自然と目にします。

↑こちらは1つ2千チャット(約145円)。

↑こちらは1つ3千チャット(約220円)。

シュエダゴンパゴダの階段の売店で売られていた翡翠のブレスレットはこんな感じです。

↑こちらは2千チャット(約145円)。

↑こちらが2500チャット(約180円)。

↑こちらは3千チャット(約220円)。

ブレスレットのデザインや、翡翠の色の濃淡など、他にも色々ありました。
シュエダゴンパゴダの階段を上りながらいくつかの売店を見て、お気に入りをぜひ見つけてくださいね。

ミャンマーお土産その8、ミャンマーのTシャツ

ミャンマーの文字が入ったTシャツや、ミャンマーならではの絵が描かれたTシャツが、ボージョーアウンサンマーケット内の、この辺りにある店で買えます。

壁に上までTシャツが掛かったこのお店です。

沢山種類がある中でも、一番のおすすめは、黒地か白地に金字でミャンマー語の文字や絵が描かれたこのTシャツです。

これの何がいいかと言うと、ミャンマー製にしては珍しく、生地がしっかりしていて伸縮が良く、着心地のいい点です。
我々には信じ難いですが、ミャンマー製のTシャツは、全く伸縮性のない布地で作られた着心地の悪い物が多くあるんですね。
それに、このTシャツは金字で高級感もありますし、お土産Tシャツには最適です。

この金字Tシャツの中でもおすすめなのは、上の写真一番右の、ミャンマー語の「アイウエオ」が書かれた物です。
こんなの絶対ミャンマーにしかありません。
私も気に入っていて、よく着ています。
一着8千チャット(約580円)ですが、何着かまとめ買いすると、ちょっと安くしてくれます。

他にミャンマー語の入ったTシャツは、こんなのがありました。

↑こちらは一着5千チャット(約360円)。
伸縮しない布地の可能性があるので、購入前にはよくご確認ください。

ミャンマーお土産その9、ミャンマーのロンジー

ミャンマーで男性がはいているロンジーも、ボージョーアウンサンマーケットで買えます。

↑一着4千チャット(約290円)。

ミャンマーのローカルな店でも、ロンジーの最安値レベルが3500チャット(約255円)なのを考えると、お土産屋さんでこの価格は良心的です。
ちなみにこのお店のショップカードはこれです。

場所はざっくりですが、この近くでした。

ちなみに女性用のミャンマーの服も、売ってる店はボージョーアウンサンマーケット内に沢山あります。

ミャンマーお土産その10、ミャンマーの仏像

ミャンマーの仏像は、シュエダゴンパゴダに入る前の、階段の両側に並ぶ土産物屋で買えます。
シュエダゴンパゴダの入場料は払わないで買い物できます。

仏像の値段は、材質や造りや店にもよりますが、大まかに言うと、手の平の下から上までの高さの物で、1万チャット(約710円)から1万5千チャット(約1070円)程です。

また、至近距離に似た様な仏像の店が沢山あるのですが、同じ置物でも店ごとに値段が違ったりします。
なので、気に入った物があっても、即決で買わずに、近くの仏像の店と値段を比較してみてください。
その上で、店員が提示した金額から値引き交渉をして、ちょっと安くしてもらったら、良い買い方です。

ではどんな物があるのか見てみましょう!

↑この木彫りの仏像は、1万5千チャット(約1070円)。

↑この金色の仏像は、1万2千チャット(約855円)。

↑この置物は、ある店では1万チャット(約710円)と言われましたが、近くの別の店では、同じ物が8500チャット(約605円)と言われました。

ここまでの仏像が、大体手の平の高さのサイズです。

↓それより大きなこの仏像は3万チャット(2135円)。

↓この小さな置物は、7千チャット(約500円)と言われましたが、きっとぼったくりです。
3千チャット(約215円)位で買えそうです。
他の店も当たってみた方がいいパターンですね。

まとめ

ミャンマーのおすすめお土産と買える場所一覧表。

・クッキー(シュエバズン)
・コーヒー(シュエバズンとシティマート)
・ミャンマーのミルクティー「ロイヤル」(シティマート)
・カシューナッツのお菓子「Top」(シティマート)
・タナカ石鹸(シティマート)
・ココナッツオイル(シティマート)
・翡翠のブレスレット(ボージョーアウンサンマーケットとシュエダゴンパゴダ)
・ミャンマーのTシャツ(ボージョーアウンサンマーケット)
・ロンジー(ボージョーアウンサンマーケット)
・仏像(シュエダゴンパゴダ)

Pocket

-ミャンマー, , 東南アジア

執筆者:

関連記事

イポーで有名なレストラン老黄のチキンライスを半額で安く食べる方法【マレーシア】

こんにちは、トモカです。 私は、2019年6月10日から7月20日の間の1ヵ月以上を、イポーに滞在しました。 そしてついに見つけてしまったのです。 イポーで一番人気の有名なチキンライスのレストラン老黄 …

ミャンマー・タウンジーの村で一般家庭を訪問!電気はないけど小川で泳いだり楽しい

ニカウンゲラー(元気ですか)、魂の冒険家トモカです。 2017年の11月に、当時働いてたミャンマーの会社の同僚、ニェンちゃんの実家に遊びに行きました。 電気もないし、水は井戸から人力で汲み上げる・・。 …

【ミャンマー】ヤンゴンのおすすめナイトクラブ Best 3【動画付き】その他のクラブも紹介!

こんにちは! クラバー歴13年、ミャンマー滞在歴1年以上のトモカです! 今回はそんな私が、ミャンマーで踊りたい皆さんの為に、ヤンゴンのおすすめナイトクラブベスト3を発表致します! 動画付きでクラブのフ …

ホアヒンのビーチで海水浴!乗馬もできるビーチの透明度はそこそこ綺麗【タイ】

こんにちは、トモカです。 私は、2019年2月24日から3月9日までの2週間、タイのホアヒンに滞在しました。 ホアヒンと言ったらまずビーチですが、結論を言えば、透明度はそこまでじゃないけど、ゴミがほと …

ミャンマーのバガンをミャンマー人とミャンマー式参拝!額を地に5度つけ拝む

ミンガラーバ(こんにちは)、魂の冒険家トモカです。 2017年10月に、当時働いてた日本語学校のみんなと、バガンに旅行に行って来ました! ミャンマー人のみんなと行くバガンってこんな感じです。 それでは …


魂の冒険家トモカです。

仕事は2010年から占い師をしています。

12歳から16年間は鬱を患いながら過ごし、28歳の時、自力で鬱を克服し、悩める人のお役に立ちたく占い師になりました。

2013年30歳の時、バックパッカーで世界一周し、2017年7月から一年間ミャンマーで日本語教師をして、現在はノマド占い師としてインドや東南アジアを放浪しています。

「あなたが幸せに生きたら、地上から不幸な人を一人、救ったことになるんだ」という思いで、日々活動しています!