地救人を生きよう

あなたが幸せに生きたら、地球上から不幸な人を一人、救ったことになるんだ。

タイ ライフスタイル 日常の珍事 東南アジア

ホアヒンのシカダマーケットに電車で行こうとしたら間違えて特急列車に乗った話し

投稿日:03/06/2019 更新日:

Pocket

こんにちは、魂の冒険家トモカです。

私は2019年3月2日、タイのホアヒン駅から一駅隣のシカダマーケットに電車で行こうとしました。
しかし、間違えて特急電車に乗ってしまい、電車は隣駅には止まらず、遥か遠くの街へと行ってしまいました・・。
電車でシカダマーケットに行かれる方は、来た電車に乗る前に必ず、この電車で合っているか、駅員さんにご確認される事をおすすめします。

今回はシカダマーケットへの行き方や、タイの地方で電車を乗り間違えるとどうなるのか、というお話しをしたいと思います。

尚、タイバーツの円換算は2019年3月5日時点のものになります。
それではどうぞ!

ホアヒンのシカダマーケット(cicada market)の紹介と行き方

ホアヒンのシカダマーケットというのは、ホアヒン駅から南へ4キロほど行った所で開かれる、ナイトマーケットです。

ここで注意して頂きたいのは、シカダマーケットは、週末の金・土・日の16時から23時までの間しか開かれないという事です。
うっかり平日に行ったりしない様、お気をつけください。

では、シカダマーケットがどんなナイトマーケットなのか、ご紹介します。

ホアヒンのシカダマーケットは完全観光客向けのフードコートとお土産屋さんが並ぶナイトマーケット

シカダマーケットは、これから写真を見て頂くと分かる様に、完全に観光客向けのナイトマーケットです。
地元のタイ人はいません。

なぜなら、並んでいるお土産屋さんも、その中心にあるフードコートも、観光客向けの上質で値段の高いものばかりだからです。

シカダマーケットは、中央の広いフードコートを囲む様に、周りにお土産屋さんが並んでいます。

まずお土産屋さんの様子から見てみましょう。

こんな感じで、服屋や雑貨屋さんが多いです。
それぞれのお店から、アーティストさんが作った様なこだわりを感じます。

かわいいお気に入りの物を見つけるのも楽しそうです。

では次は、中央のフードコートの様子を見てみましょう。

フードコートのテーブルの周りに、沢山の飲食店の屋台が出ています。
メニューや価格の例をいくつか挙げます。

大体一食200バーツ(約705円)前後と言った所でしょうか。

スイーツのお店も色々ありました。

屋台を利用するには、まず現金をクーポン券に替え、それで払う様でした。

↑このクーポンボックスというクーポン券を購入する場所が、フードコートの周りに何ヶ所かあります。

程よくライトアップされて、素敵な雰囲気でした。

シカダマーケットへ電車で行く行き方

シカダマーケットは、ホアヒン駅から南へ一駅の、ノーンカエ(Nong Kae)駅から歩いて3分位の所にあります。
場所はこちらです。

電車で行かれる場合は、17時50分発の電車がありますので、時間までに駅で切符を買います。
(時刻表は変更される可能性もあるので、念の為ご自身でご確認ください。)

ホアヒン駅。

駅に入ると切符売り場があります。

ここで隣駅のノーンカエ駅までの切符を買います。
片道2バーツ(約7円)です。安いですね。

切符を買ったら、駅のホームで待ちます。

看板に方角が書いてあります。

タイの電車はよく遅れます。
17時50分の時間になっても来ません。
更に20分待って、ようやく電車が来ました。

ここでうっかり安心して乗らないでください。
特急や各駅停車など、すべての電車が遅れているので、各駅で次の駅に停車する電車がこれだとは限らないのです。

電車は3分位停まるので、その間に、近くの駅員さんに切符を見せて、この電車でいいのか確認してください
そうして乗れば、間違いないでしょう。

私は確認せず、ホームに来た特急電車に間違えて乗った為、遠くの街へと運ばれましたから。。

シカダマーケットへ行く他の行き方(バス、ソンテウ、タクシー歩き)

電車を利用しないとなると、シカダマーケットへの他の行き方は、バスかソンテウ、タクシー、歩きのいずれかになります。

↑街を走っているこういうトラックの荷台に人が乗ってる様なのがソンテウですが、すいませんがソンテウに関しては私はよく分かりません。一度も利用しませんでした。

バスはホアヒンナイトマーケットの十字路の辺りから、昼間だけ出ています。
18時位で終わるそうです。
バス代はシカダマーケットまで、おそらく10バーツ位だと思われます。

バス乗り場はこの辺りです。

タクシーは、メーターではなく、観光地価格の最低150バーツ(約530円)かららしいので、お金に余裕のある方は、タクシーをご利用ください。
タクシーが一番速くて確実です。

それ以外は徒歩になります(私はこれでシカダマーケットに辿り着きました)。
ホアヒンの街から、一本の大通りを、南へとひたすら歩きます。
片道4キロ位あって、ダラダラ歩いたら1時間半位かかりました。

大通り沿いの道の途中には、大きなデパートが2つあるので、そこで一休みしたりトイレに行ったりできます。
1つはマーケットビレッジホアヒン。

場所はここです。

もう1つの大通り沿いのデパートは、ブルーポートです。
このブルーポートの入口から入った奥には、フードコートがありました。
一食70バーツ(約245円)前後の価格帯でしたので、デパートにしては割安ですね。

ブルーポートの場所はここです。

徒歩でシカダマーケットへ行かれる方は、これらのデパートをトイレ休憩にご利用ください笑。

シカダマーケットへ電車で行こうとしたら間違えて特急に乗ってしまい遠くの街へ行ってしまった話し

さあ、ここからが、電車を乗り間違えたという本題ですね。
この記事、本題よりシカダマーケットに関する前置きの方が長いのかもしれません笑。

シカダマーケットへ行こうとホアヒン駅で、来た電車に何の気なしに乗ったんですよ。
17時50分に来るはずの電車が来なくて、20分遅れて来たから、普通にこれだろうと思っちゃったんですね。
そしたらそれが違ったみたいで、シカダマーケットのある駅に停まらず、どんどん進んで行ったんです。

ああ、これ、遠方へ行く特急の電車だなって、途中で思いました笑。

乗り間違えた電車は1時間半後、約60キロ南のプラチュワップキーリーカン駅に到着した

ホアヒン駅から間違えて乗ってしまった特急列車は、約1時間半停まらずに進み、60キロ位南のプラチュワップキーリーカン駅に停まりました。
場所はここです。

プラチュワップキーリーカン駅の造りや色合いは、赤と白がメインで、ホアヒン駅と似ていました。
18時半前にホアヒン駅を出て、着いたのが20時近くでした。

ここからまた特急電車に乗り、ホアヒンへ戻らねばなりません。
駅員さんにホアヒンへ行く電車の時間を尋ねると、22時50分発だと言われました。
約3時間後です。

駅を出ると、周囲は閑散としています。

どこかで夕食を食べて過ごそうと思い、スマホのグーグルマップを開きました。
とりあえず最寄りのセブンイレブンを探します。
タイって、場所によってはセブンイレブンの周りに屋台が出ているからです。
屋台がなかったとしても、セブンイレブンならお弁当も売ってるし、何とかなると思いました。

プラチュワップキーリーカン駅のローカルなナイトマーケットで買い物や食事など爆安で楽しみ放題!

プラチュワップキーリーカン駅から最寄りのセブンイレブンに向かって歩いていたら、セブンの近くに、地元の人達が集うナイトマーケットがありました。

場所はここです。
駅から徒歩3分位の所です。

スイーツやご飯の屋台が沢山出ていて、まずはアイスを食べましたw

↑味が2種類選べて、上にナタデココなどのトッピングがついて、20バーツ(約70円)!
チョコ味とチョコチップ味を選びました。
おいしくてもう一個食べようか迷いました笑。

このナイトマーケットを奥へと歩いて行くと、古着屋さんが3軒位出ていました。

えええ! 1着35バーツ(約125円)!?
これは買わないワケには行きません笑。

と言う事で、ワンピース2着、ボトムス2着、キャミソール2着の、合計6着購入!
それでも700円位!!

やったあ、と買い物が済んだので、晩ご飯♪
並ぶ屋台を見てみると、シーフードもありました!

折角だからエビにしよう!

↑このエビのタイ料理が、なんと破格の40バーツ(約140円)!!
すごいおいしかったです!!

ご馳走様でした、と駅へと戻り、22時50分発の電車を待ちました。
電車は10分遅れただけで、あまり遅れずに来てくれたのでありがたかったです。
夜中の1時近くにホアヒン駅に帰る事ができました笑。

この夜、シカダマーケットには行けませんでしたが、思いがけずプラチュワップキーリーカン駅の爆安ナイトマーケットを楽しめたので、ハプニングの最中だった割には、満足度の高い夜でした笑。

まとめ

シカダマーケットに電車で行く時には、来た電車に何の気なしに乗ったりせず、隣のノーンカエ駅でちゃんと停まる電車かどうか、乗る前に駅員に自分の切符を見せつつ、必ず確認しよう。

Pocket

-タイ, ライフスタイル, , 日常の珍事, 東南アジア

執筆者:

関連記事

ミャンマー人の仕事観や働き方の特徴。15分の遅刻は遅刻じゃない

こんにちは、魂の冒険家トモカです! 2017年7月から一年間、ミャンマーで日本語教師として働きまして、色々見えて来たんですよ。 ミャンマー人というものが。 性格はいいんですけどね、一緒に働くとなると、 …

日本と違う!ミャンマーの誕生日・お盆・バレンタインデーの過ごし方

こんにちは、魂の冒険家トモカです。 日本で行われるお誕生日のお祝いやお盆、バレンタインデーの過ごし方が、ミャンマーではちょっと違います。 今回は、それらのミャンマーの年中行事の違いについてお話しします …

インドでSIMカードを買うならこれ!有名会社2社とSIMカードの買い方

こんにちは、魂の冒険家トモカです。 インドを旅行する際は、SIMフリーのスマホを持って、現地でプリペイドのSIMカードを買って使われる事をおすすめします。 なぜならインドは、場所によってはWi-fi激 …

no image

コタキナバルのナイトマーケット総まとめ!場所やおすすめ屋台【マレーシア観光】

こんにちは、トモカです。 私は2019年8月20日から9月12日までの約3週間、マレーシアのコタキナバルに滞在しました。 コタキナバルの街には、私が見つけた範囲では、ナイトマーケットが週末限定のものを …

【インド】夜に道で吠えて威嚇して来た野良犬を追い払い無事に通過する方法

こんにちは、魂の冒険家トモカです。 2018年10月の終わりから45日間、インドのゴアという所に滞在しています。 インドは道端に野良犬が沢山います。 昼間は寝そべったりしていて安全なのですが、夜間は人 …


魂の冒険家トモカです。

仕事は2010年から占い師をしています。

12歳から16年間は鬱を患いながら過ごし、28歳の時、自力で鬱を克服し、悩める人のお役に立ちたく占い師になりました。

2013年30歳の時、バックパッカーで世界一周し、2017年7月から一年間ミャンマーで日本語教師をして、現在はノマド占い師としてインドや東南アジアを放浪しています。

「あなたが幸せに生きたら、地上から不幸な人を一人、救ったことになるんだ」という思いで、日々活動しています!