地救人を生きよう

あなたが幸せに生きたら、地球上から不幸な人を一人、救ったことになるんだ。

タイ ライフスタイル 東南アジア 海外で暮らす

ランカウイ島のクアからリペ島へフェリーで行く行き方と戻り方

投稿日:05/31/2019 更新日:

Pocket

こんにちは、トモカです。

私は2019年5月23日から27日までの間、マレーシアのランカウイ島のクアからタイのリペ島へ行き、そして戻って来ました。

今回は、ランカウイ島からリペ島までのフェリーの概要を説明した後で、クアからの行き方と戻り方を具体的に述べて行きますね。

尚、タイバーツやマレーシアリンギットの円換算は、2019年5月29日時点のものになります。
それではどうぞ。

ランカウイ島からリペ島へのフェリーが出ている港は2ヶ所ある

ランカウイ島には、リペ島へ行くフェリーが出ている港が2ヶ所あります。
島の西の方にあるテラガハーバーと、東の方にあるクアジェティです。

リペ島までのフェリーの所要時間は約二時間です。
但し、タイとマレーシアの間には、一時間の時差があり、タイがマレーシアよりも一時間遅いので、ランカウイからリペ島へ着いても、時計の針は一時間しか過ぎてません。
逆にリペ島からランカウイへ戻ると、三時間過ぎています。

フェリーが通常運行しているのは、乾季の10月半ばから4月の間で、一日二本の船が出ています。
6月の半ばまで船の往復はあるのですが、5月と6月はオフシーズンの為、リペ島からランカウイ島への船の本数が一日一本になります。
毎年雨季から乾季の変わり目は、便の時間や本数に変動があるので、安心して旅をされたい方は、11月から4月の間に行かれるといいです。

ランカウイ島の空港は、島の西の方にあるので、空港から直でリペ島へ向かう場合には、テラガハーバーの方が近いです。
ランカウイ島はローカルバスがない為、移動はタクシーになります。

テラガハーバーからリペ島へのフェリーの出発時間と料金

テラガハーバーのサイトがあるのでそちらを確認するのが確実です。
英語のサイトですが、スクロールすると、出発時間が分かりやすく出ています。

ちなみにこちらのサイトによると、2018年から2019年のフェリーの運行は、2018年10月13日から2019年6月15日までで、料金は片道128リンギット(約3330円)。
テラガハーバーからリペ島への出港時間は、マレーシアの時間で午前9時30分と午後の2時30分の二便です。

ランカウイ空港からテラガハーバーまでは、タクシーで約15分、料金は30リンギット(約780円)位だと思われます。

テラガハーバーの場所はこちらです。

クアジェティからリペ島へのフェリーの出発時間と料金

クアジェティからリペ島へのフェリーの料金は、公的には118リンギット(約3070円)ですが、ジェティポイントのチケット窓口で買えば100リンギット(約2600円)です(後で詳しく述べます)。

クアジェティのフェリー情報は、クアジェティのサイトを確認するのがいいです。

このサイトを参照したリペ島行きのフェリーの出発時間は、2018年11月から2019年5月15日までの間は、マレーシアの時間で午前9時45分と午後2時30分の二便。
2018年10月12日から31日までと、2019年5月16日から6月16日までは、午前9時45分発の一日一便のみになります。

ランカウイ空港からクアジェティまでは、タクシーで約30分、料金は35リンギット(約910円)位だと思われます。

クアジェティの場所はこちらです。
ジェティポイントという港にある商業施設を通って、フェリー乗り場へと進みます。

ランカウイ島のクアからリペ島へのフェリーでの行き方

クアからリペ島へ行くにはまず、このジェティポイントへ行きます。
ジェティポイントとは何ぞやという事ですが、ここはフェリーのチケット売り場と出入国のイミグレーションとフェリー乗り場の港、その他両替所や免税店や飲食店などの複合施設です。
(ちなみにジェティポイントの両替所はレートが悪いです。クアの街中の両替所かリペ島で両替される事をおすすめします。)

ジェティポイントの場所はこちらです。

では、チケットの買い方から説明して行きます。

ジェティポイントのチケット売り場でフェリーのチケットを買う

ジェティポイントの前面には、フェリーの各チケットオフィスが、半円型に並んでいます。
リペ島行きのチケットを売ってる窓口もいくつかあるのですが、この写真右の窓口で一人100リンギット(約2600円)で買えます。

↑ここです。

チケット代金を払うと、白い紙を渡されます。
これがチケット、ではないのです。
この白い紙は、フェリーチケットの引き換え券です。

これからチェックインの手続きをして、この引き換え券を、正規のチケットに換えてもらいます。
その方法を説明します。

フェリーのチケット窓口で受け取った白い紙をチェックイン手続きをしてチケットに換える

フェリーのチケット窓口で代金と引き換えに白い紙を受け取ったら、フェリー出発の30分前までに、チェックインの手続きをして、そこで白い紙をチケットに換えます。

チェックインの場所は、ジェティポイントの中のスタバの近くに、二階へ行く階段がありますので、そこを上るとあります。

↑写真の右がスタバで、左が階段の上り口です。

階段を上るとチェックインのオフィスがあるので、そこの担当者に白い紙を渡してください。

正規のフェリーチケットに換えてくれます。

チェックインの手続きをしてチケットを受け取ったらイミグレを通る

チェックインオフィスでフェリーのチケットを受け取ったら、「インターナショナルデパーチャー」と書かれたゲートの前のイスで待ちます。
時間になると係員がドアを開けてくれます。

中は出入国のイミグレーションになっています。
ここで出国手続きを終えると、フェリー乗り場へ行く寸前に、パスポートを回収されます。
タイについてから渡されるのです。

↑ここでパスポートが回収され、フェリーに乗ります。

約2時間でリペ島につくが直前でボートに乗り換えて上陸する

フェリーの中はこんな感じで、後ろの方にはトイレもあります。

約2時間でリペ島へ着くのですが、マレーシアの船はタイのリペ島に上陸できないので、リペ島の沖で、フェリーから荷物を持って、タイのボートへと乗り換えます。

そしてリペ島へ上陸します。

ここに着きます。

パスポートを受け取ってタイの入国手続きをして完了

↑リペ島に着いたら、まずここでパスポートを受け取ります。
タイの出入国カードも、頼んだらここでもらえました。

記入した出入国カードを持って、タイのイミグレに並び、入国手続きを終えたら完了です。
リペ島を楽しみましょう!

リペ島からランカウイ島へフェリーでの戻り方

タイのリペ島からマレーシアのランカウイ島への戻り方を述べて行きます。

リペ島からランカウイ島へのフェリーの出発時間

リペ島からランカウイ島のテラガハーバーとクアジェティへのフェリーについては、こちらのKOH LIPEのサイトに詳しく載っています。

そこに載っているフェリーの時間をまとめますと、リペ島からテラガハーバーへのフェリーは2018年11月20日から2019年4月30日までの間、タイの時間で10時30分と16時の一日二便。
リペ島からクアジェティへのフェリーは、2018年10月20日から2019年5月15日までの間、11時と16時の一日二便です。

リペ島にある旅行カウンターでランカウイ島へのチケットを買う

リペ島のウォーキングストリートやその近辺には、各地へ向かうボートチケットを売っている旅行カウンターがあります。

そこで、前日までにランカウイ島行きのチケットを買いましょう。
価格は900バーツ(約3105円)です。

フェリー出発時間の2時間から1時間前の間にタイの出国手続きをする

例えば、ランカウイ島のクアジェティ行き、11時出発のフェリーの場合は、9時から10時までの間に、出国手続きをします。

↑来た時と同じ、ここの窓口の人に、フェリーのチケットを渡します。
そうすると緑色の番号札をくれるので、これはボートに乗る時に係員に渡します。

次にイミグレーションで出国手続きをします。
この時パスポートを回収されます。

ランカウイ島へ戻る時もリペ島からボートに乗って沖でフェリーに乗り換える

出発時間の約40分前に、荷物用のボートが来るので、スーツケース等の大きな荷物だけ乗せます。

荷物を乗せたボートが、沖に停まっているフェリーに近づき、荷物を乗せ換えます。

それが終わると、人を乗せる為のボートが来るので、さっきの緑の札を係員に渡して乗り込みます。

沖でマレーシアのフェリーに乗り換えます。

フェリーの中で、パスポートが返されます。
約2時間でクアジェティに着きます。
マレーシアの入国審査を済ませて、到着です。

まとめ・関連記事

ランカウイ島からリペ島へ行くには、フェリーが通常運行している11月から4月の間に行くのがベスト!
テラガハーバー発のフェリー情報は、テラガハーバーのサイトをチェック。
クアジェティ発のフェリー情報は、クアジェティのサイトをチェック。

関連記事
Pocket

-タイ, ライフスタイル, , 東南アジア, 海外で暮らす

執筆者:


  1. […] ランカウイ島のクアからリペ島へフェリーで行く行き方と戻り方 […]

関連記事

カオサン通り付近のおすすめタイマッサージ・屋台やレストラン・お土産ショッピングスポット【タイのバンコク】

こんにちは、魂の冒険家トモカです。 私はここ10年の間に20回程タイに来ており、バンコクに滞在する時はいつも、カオサン通りの近くに滞在しています。 直近では、2018年12月14日から2019年1月1 …

ケララ州のアシュラム、アムリタプリの行き方と中の様子や過ごし方【インド】

こんにちは、トモカです。 私は2019年5月3日に、インドのケララ州にあるアシュラムのアムリタプリに1泊しました。 今回は、このアムリタプリへの滞在予約の仕方や行き方、アプリタプリ内の様子などをお話し …

占い師がおすすめする!ここに行けば占い師いらねえ!本物の霊能者預言者激選2選!!

さあ!! さあさあさあ!!!!! 先に謝ります! 占い師の私自身並びに世の占い師の皆様ごめんなさい! 廃業の時が来ました笑。 そんな廃業の危機を迎えております、魂の冒険家(職業占い師)トモカです。 C …

【ミャンマー】ピーの街の見所!メガネ大仏、世界遺産に白亜の寺院、とどめは山の上のお寺!

ミンガラーバ、魂の冒険家トモカです。 2017年8月に、当時働いてたミャンマーの日本語学校のみんなと、ピーの街に遊びに行きました。 ピーの街はヤンゴンからバスで6時間。 ミャンマーの何の変哲もない地方 …

ホアヒンのビーチで海水浴!乗馬もできるビーチの透明度はそこそこ綺麗【タイ】

こんにちは、トモカです。 私は、2019年2月24日から3月9日までの2週間、タイのホアヒンに滞在しました。 ホアヒンと言ったらまずビーチですが、結論を言えば、透明度はそこまでじゃないけど、ゴミがほと …


魂の冒険家トモカです。

仕事は2010年から占い師をしています。

12歳から16年間は鬱を患いながら過ごし、28歳の時、自力で鬱を克服し、悩める人のお役に立ちたく占い師になりました。

2013年30歳の時、バックパッカーで世界一周し、2017年7月から一年間ミャンマーで日本語教師をして、現在はノマド占い師としてインドや東南アジアを放浪しています。

「あなたが幸せに生きたら、地上から不幸な人を一人、救ったことになるんだ」という思いで、日々活動しています!