地救人を生きよう

あなたが幸せに生きたら、地球上から不幸な人を一人、救ったことになるんだ。

インド ライフスタイル 日常の珍事 海外で暮らす

ケララ州のアシュラム、アムリタプリの行き方と中の様子や過ごし方【インド】

投稿日:

Pocket

こんにちは、トモカです。

私は2019年5月3日に、インドのケララ州にあるアシュラムのアムリタプリに1泊しました。

今回は、このアムリタプリへの滞在予約の仕方や行き方、アプリタプリ内の様子などをお話しします。

尚、インドルピーの円換算は2019年6月7日時点のものです。
ではどうぞ。

アムリタプリとはアマと呼ばれるグルが作ったアシュラム

アムリタプリは、アマと呼ばれるグル(指導者)が中心となって作られた、ケララ州にあるアシュラムです。
アムリタプリのサイトはこちらです。

私が行って驚いたのは、このアムリタプリは、一時瞑想修行をする為の場所というよりは、そこに住んでいる人が沢山いた事です。
世界中から集った人々が住んでおり、居住歴10年位はザラで、そこで家族を持っている人もいたり、中にはもう20年以上アムリタプリに住んでいる人もいました。
アムリタプリの住人は、上下白い服を着ているので、見れば分かります。

そんな様子を見て、アムリタプリは、瞑想修行の場としても使えるだろうけれども何だか宗教臭い、というのが感想でした。

アムリタプリの宿泊予約方法

そんなアムリタプリに滞在してみたい、という方へ、まず宿泊予約方法から説明します。

こちらのアムリタプリの宿泊予約ページに必要事項を入力して、「SUBMIT」ボタンをクリックして送信します。

すると、アムリタプリから、予約を受け付けた旨のメールが来ます。
メールには、パスポートのコピーとインドビザのコピーとを、宿泊日数に応じて数枚用意する様に案内がありました。
ヨガ等の各プログラムに参加する際に必要なのだそうです。

宿泊価格は一泊当たり、ドミトリーだと250ルピー(約390円)、個室は500ルピー(約780円)、エアコン付きの個室は千ルピー(約1560円)でした。

宿泊者一人で予約すると、基本的には受付でドミトリーを案内されますが、個室の希望を出すのも可能で、空き次第で案内してくれます。

アムリタプリへ電車とローカルバスで行く行き方

アムリタプリの場所は、ここになります。

最寄駅はオーチラという駅で、アレッピーやコラム等から行けます。
オーチラ駅はここです。

オーチラからアムリタプリ方面へ行くバスは、ここのバス停から出ています。

バスはここまで行ってくれます。
運転が荒いのか道が悪いのか、バスがすごく揺れたのが印象的でした笑。

ここから歩いて橋を渡ると、すぐ左手にアムリタプリがあります。

↑橋を渡る手前から見たアムリタプリ。

アムリタプリの中の様子

ではここから、アムリタプリの中の様子を紹介します。
実はアムリタプリ内では、写真撮影が禁止でした。
知らずに撮っていたら途中で注意されたので、それまでの間撮っていた写真を基に、話しをします。

アムリタプリに着いたらまず受付をします

↑ここが、橋を渡った所にある、アムリタプリの入口です。

ここをまっすぐに行くと、受付の建物があります。

↑ここでチェックインします。
チェックインできる時間は、10時から18時ですが、但し13時から14時の間は昼食の為受付は閉まっています。

受付では、自分の部屋のある場所や、アムリタプリでの過ごし方等の案内があります。
また、初日の夕方に、ビギナーの為の説明があります。

アムリタプリのドミトリールームの様子

↑これがアムリタプリのドミトリールームです。
最大3名の相部屋になります。
私の時は2人でした。

天井に扇風機がついています。
蚊帳はありません。必要なら自分で調達する事になります。

トイレ&シャワー室は、こうです。

古いせいもあるんだと思いますが、トイレの黄ばみなんかには、私も抵抗を感じました‥。
お湯は出ません。

アムリタプリの1日の過ごし方

入所時に受付で、1日の過ごし方が書かれた紙がもらえます。
そこにはこう書かれています。

4:50-6:00  アルチャナ
6:30-9:00   瞑想、ヨーガなど。
9:00-10:00  朝食
10:00     アルチャナ
10:00-13:00 セーヴァー、その他
13:00-14:00 昼食
14:00-17:00 セーヴァー、その他
17:30-18:30 瞑想、沈黙しての修行
18:30-20:00 バジャン
20:00-21:00 夕食

↑このスケジュールで大切なのは、1日3食無料で供される食事の時間です。
この時間を逃すと無料で食べられず、アムリタプリ内のカフェや食堂で有料で食べる事になります。
また、アムリタプリの外の飲食店に食べに行くのは自由です。

アルチャナ、セーヴァー、バジャンという横文字は、私も1泊しかしなかったのでよく分かりませんが、チャントを唱える等の儀式かと思われます。

アムリタプリに滞在してる皆がこのスケジュール通りに過ごしているかというと、全くそんな事はなく、基本自由です。
長年暮らしてる人も多い施設なので、好きな時間に好きな事をしている人がほとんどという印象でした。

好きなプログラムに参加しよう

アムリタプリ内の掲示板には、施設内の随所で行われている、各種プログラムへの参加者募集が掲示されています。
どんなプログラムが、何曜日の何時からどこで行われるかという記載があります。
参加の申し込み方法も書かれています。

私がアムリタプリを1泊で出た理由

私がアムリタプリに折角来たのにも関わらず、予定を早めて1泊で出たのには、2つの理由があります。

一番の理由は、蒸し暑さと蚊の多さで夜全く眠れなかった事です。
天井に扇風機があるのですが、同じ部屋の欧米人女性が、喉が乾くという理由で、つけてくれなかったんですね。
窓は開けていましたが蒸し暑く、蚊が入って来て、常に2、3匹の蚊が私に寄って来ていた為、一晩中眠れませんでした。

二つ目の理由は、アムリタプリは自分が求めていた所ではなかったからです。
私は宿泊して毎日瞑想できる環境を求めていたのですが、それに対してアムリタプリは、瞑想センターというより宗教施設の様な印象を受けました。
施設内の白い服を着た信者の人達は、基本親切に接してくれるのですが、それは人間性が優れているからというより、同じ施設内にいて宗教を共にしているからという安易さを感じました。
彼らの精神的安定性も、自己の信念を根源とするものではなく、アムリタプリを宗教として、それにすがっている印象がありました。
私はこんな風になりたくなかったんです。
私が出ようとした日の夜、アマが来るとの事だったのですが、洗脳されそうでむしろ会いたくなくなり、それもあってアムリタプリを1泊で出ました。

まとめ

アムリタプリのサイトこちらのページから滞在予約をする。

チェックインできる時間は、13時から14時を除く、10時から18時。

1日3食供される無料の食事の時間は、朝食は9時から10時、昼食は13時から14時、夕食は20時から21時。

Pocket

-インド, ライフスタイル, , 日常の珍事, 海外で暮らす

執筆者:

関連記事

【インドのゴア】基本のアランボールビーチ。ベストシーズン・ビーチマーケット・ドラムサークル・ライブイベント

こんにちは、魂の冒険家トモカです。 2018年10月の終わりから12月半ばまで、南インドのゴアというエリアに滞在しています。 ゴアはここです。 11月いっぱいは、ゴア北部のアランボールという場所にいま …

【ミャンマーのヤンゴン】おすすめお土産10選と買う場所4ヵ所!お菓子、アクセサリー、ロンジー等

こんにちは、魂の冒険家トモカです。 ミャンマーを旅行した帰り、ヤンゴンでお土産を買う際に、「どこで何を買ったらいいか分からない」と焦りがちです。 今回は、そんな焦りや時間のロスを防いで、スムーズにお目 …

守護霊のメッセージに導かれて占い師しながらインドの南部へ出発

こんにちは、魂の冒険家トモカです。 2017年7月から一年間ミャンマーで働いて2018年6月終わりに帰国し、日本でのんびり暮らそうとしていたのですが、そうは行きませんでした。。 守護霊からのメッセージ …

マラッカにあるスーパーのテスコとイオンの商品を物色【マレーシア】

こんにちは、トモカです。 私は2019年7月20日から25日までの5日間、マレーシアのマラッカに滞在しました。 マラッカには、長距離バスターミナルの近くにテスコというスーパーがあるので、行ってみました …

ミャンマー人のマナーと礼儀作法!腕組みするのは敬意の表現など6つ

ミンガラーバ、魂の冒険家トモカです。 ミャンマーの礼儀作法やマナーって、日本とだいぶ違う所があるんですよ。 今回はそれをご紹介しますね。 Contents腕組みは敬意の表現!年上の人達に対して腕組みを …


魂の冒険家トモカです。

仕事は2010年から占い師をしています。

12歳から16年間は鬱を患いながら過ごし、28歳の時、自力で鬱を克服し、悩める人のお役に立ちたく占い師になりました。

2013年30歳の時、バックパッカーで世界一周し、2017年7月から一年間ミャンマーで日本語教師をして、現在はノマド占い師としてインドや東南アジアを放浪しています。

「あなたが幸せに生きたら、地上から不幸な人を一人、救ったことになるんだ」という思いで、日々活動しています!