マレーシア

イポーのバスターミナルから市内へローカルバスで行く行き方【マレーシア】

投稿日:07/10/2019 更新日:

Pocket

こんにちは、トモカです。

私は2019年6月10日から7月20日の間の大半、イポーに滞在しています。

今回は、長距離バスで他のエリアからイポーに着いた時の、バスターミナルからローカルバスに乗って、市内へ出る行き方について説明します。

尚、マレーシアリンギットの円換算は、2019年7月10日時点のものです。
ではどうぞ。

イポー市内行きのローカルバスはバスターミナルの2階から出てる

イポーのバスターミナルに到着する長距離バスは、バスターミナルの1階か2階に到着します。

到着した時は、自分が今、バスターミナルの1階にいるのか2階にいるのか、よくわからないかもしれません。
そんな時は、まずバスターミナルの中に入ってみます。
上に行くエスカレーターがあれば1階ですし、階下が見下ろせれば2階です。

イポーの市内へ行くローカルバスは、バスターミナルの2階から出ていますので、2階で待ちましょう。
市内行きのローカルバスは、30分に1本位のペースで来ている印象でした。

ちなみに長距離バスが到着する、イポーのバスターミナルの場所はここです。

ローカルバスに乗ってイポー市内のバスステーションへ行く

バスターミナルの2階にも、長距離バスが沢山到着します。
そこに紛れて、イポー市内へ行くローカルバスも来ますので、見過ごさない様にしましょう。

とりあえず、イポー駅より少し南にあるバスステーションまで行くといいです。
バスステーションの場所はここです。

ローカルバスに乗る時に、運転手に行き先を告げ、バス代を払います。
バスステーションまでの所要時間は約30分、バス代は1.70リンギット(約45円)です。

イポーのバスステーションに到着

イポーのバスステーションに着きました。
ここからオールドタウン(旧市街)へは、歩いて15分位で、ニュータウン(新市街)へは25分位です。

バスステーションから更に離れた所へ行く場合は、カウンターで係員に行き方を訊くと、どのバスに乗ればいいか教えてくれます。

イポーのバスステーションからバスターミナルへの行き方

今度は逆に、イポー市内のバスステーションから、長距離バスターミナルへ行く行き方です。

1番バス乗り場にバスターミナル行きのバスが30分置きに来ているので、それに乗ります。
バスターミナルまで、1.70リンギット(約45円)です。
約30分で着きます。

まとめ

イポーのバスターミナルは2階建てで、イポー市内へ行くローカルバスは、2階から出ている。
まずはイポー市内のバスステーションまで行くと良く、料金は1.70リンギット(約45円)、約30分で到着。

Pocket

-マレーシア

執筆者:

関連記事

【イポー観光】おすすめ洞窟寺院ベスト5【マレーシア】

こんにちは、トモカです。 私は2019年6月10日から7月20日の間の大半を、イポーに滞在しました。 イポーと言えば洞窟や洞窟寺院が有名で、天然洞窟を含め合計で30弱の洞窟や洞窟寺院がある様です。 そ …

コタキナバルの肉骨茶(バクテー)は佑記がおすすめの理由【マレーシア】

こんにちは、トモカです。 私は、2019年8月20日から9月12日までの約3週間、マレーシアのボルネオ島北部の街、コタキナバルに滞在しました。 コタキナバルのガヤストリートで晩ご飯と言えば、肉骨茶(バ …

コタキナバルのナイトフードマーケット!地図の場所やおすすめ屋台【マレーシア】

こんにちは、トモカです。 私は2019年8月20日から9月12日までの約3週間、マレーシアのコタキナバルに滞在しました。 コタキナバルの街と言えば、海の近くにある大きなナイトフードマーケットが有名です …

マレーシア人の性格的特徴をマレー系・中華系・インド系に分けて解説!

こんにちは、トモカです。 私は2019年の夏の3ヶ月間、マレーシアに滞在しました。 マレーシアは多民族国家で、マレーシア人と一言で言っても、イスラム教徒のマレー系と、仏教や道教の中華系、ヒンドゥー教の …

【マラッカ観光】青雲亭(チェンフーテン)仏教寺院とその周辺のお寺巡り【マレーシア】

こんにちは、トモカです。 私は2019年7月20日から25日までの5日間、マレーシアのマラッカに滞在しました。 マラッカのチャイナタウンにある、マレーシアの最古のお寺、青雲亭(チェンフーテン)仏教寺院 …

こんにちは、トモカ(矢上ともか)です。
仕事は都内の法律事務所勤務を経て、2010年から占い師をしています。

2013年30歳の時、バックパッカーで世界一周し、2017年7月から一年間ミャンマーで日本語教師をして、現在はデジタルノマド占い師として東南アジアを放浪しています。

「あなたが幸せに生きたら、地上から不幸な人を一人、救ったことになるんだ」という思いで、日々活動しています。