地救人を生きよう

あなたが幸せに生きたら、地球上から不幸な人を一人、救ったことになるんだ。

マレーシア ライフスタイル 東南アジア 海外で暮らす

キャメロンハイランドのおすすめ観光地!ラベンダーガーデン等4ヵ所【マレーシア】

投稿日:07/14/2019 更新日:

Pocket

こんにちは、トモカです。
私は2019年7月3日から8日までの6日間、キャメロンハイランドに滞在しました。

そこで、キャメロンハイランドのメインとなる観光地4ヵ所に行って来ましたので、おすすめ順にご紹介します。
まずはキャメロンハイランド観光に必要な予備知識から述べて行きますね。

尚、マレーシアリンギットの円換算は、2019年7月13日のものです。
ではどうぞ。

キャメロンハイランド観光に必要な予備知識

まずは、キャメロンハイランドを観光するに当たって、知っておいた方がいい知識からどうぞ。

キャメロンハイランドに行くなら火曜日から金曜日の間がおすすめ!

キャメロンハイランドって、大通りが一本しかないんですよ。
ここに、週末になると、各地のマレーシア人が旅行しに車で押しかけて来るんです。

結果、土日の道路は渋滞です。

なので、土日は避けたい所です。

そして月曜日は、キャメロンハイランドで一番おすすめの観光地であるボーティーセンターが定休日なので、月曜日も避けます。

そうすると、キャメロンハイランドを観光するのにいい曜日は、火曜日から金曜日の間になります。

キャメロンハイランド観光はタクシーかツアー参加が良い

山の道が長く続くキャメロンハイランドを、どう観光するのが良いのかというと、一番ラクなのはGrabのタクシー利用かと思われます。
Grabのアプリからタクシーを呼んで観光する場合は、SIMフリーの携帯とマレーシアのSIMカードが必要になります。
好きな時に好きな所へ行って、好きなだけいられるのが、ツアーよりいいですね。

次にラクなのが、ツアー参加です。
キャメロンハイランドの各宿泊所からツアー参加に申し込めます。
例えばこんな内容です。

↑モッシーフォーレスト行って昼ご飯食べて、バタフライガーデン、野菜市場、タイムトンネルという博物館に行ったら、サンポー寺院とストロベリーファームに行くよ、大人一人90リンギットだよ(約2360円)、というワンデーツアーです。

ローカルバスもあるけどあまり当てにならない

キャメロンハイランドには、ローカルバスもあるんですよ。
タナラタのバスターミナルから、朝8時半から次は10時半、と2時間おきに出ています。

それで、キャメロンハイランドの一本道の大通りを、ブリンチャン、ボーティーセンターへの小道に入る手前、ラベンダーガーデン前、と北上しながら要所要所で停まってくれます。
ただし、タナラタから南方へ行くローカルバスはありません。

しかし!このローカルバスがかなり当てにならないものでして、なぜかというと、いきなり「今日は10時半のバスは休み」となったり、土日で道の混雑が予想される日は、「バス出しても動かないから」と、不意に終日運休になったりするからです。

それに、バスで出かけたら、気になるのは帰りのバスですが、バス停に時刻表等はないんですよ。
バスが来るまで待つスタイルになります。
帰りも2時間に1本位なものだと思われるので、いつ来るか分かりません。
写真の、バスを待つ地元の人達も、待ち切れなくなって結局、タクシーと交渉してタクシーで帰ってました。

キャメロンハイランドのローカルバスを利用される際は、その辺の事情も考慮してご利用ください。

おすすめ観光地その1 茶畑の山の景色を見ながらお茶ができるボーティーセンター

ではここから、キャメロンハイランドのおすすめの観光地4ヵ所を、おすすめ順にご紹介して行きます。

まずは一番、キャメロンハイランドらしいキャメロンハイランドが楽しめる場所、ボーティーセンター。
ここでの所要時間は、30分から2時間です。

お茶するだけなら30分で済みますが、お茶の後ゆっくりセンター内を見て回ってお土産を買ったり、山の景色を見ながら外の道を散歩していると、結構時間が経ってしまうでしょう。

ボーティーセンターの場所はこちらです。
月曜日が定休日なのでお気をつけください。

美しい山の景色が見れるボーティーセンターのカフェコーナー

キャメロンハイランドと言えばお茶の産地!
その山の斜面に広がる広大な茶畑を見ながら、ティータイムが楽しめます。

みんな山をバックに記念写真を撮っています。

カフェのケーキは1個12リンギット(約315円)位、各種ティーは、3リンギット(約80円)から10リンギット(約260円)位です。

ストロベリーチーズケーキとボーティーとで、合わせて16リンギット(約420円)位でした。

山の空気と景色を感じながらのティータイムは格別です。

色んなお茶のお土産が買えるお土産コーナーなど

ボーティーセンターを奥へと進んで行くと、お土産屋さんがあります。

色んな種類のキャメロンハイランドの紅茶が並んでいます。

↑これが現地でもよく飲まれている最もオーソドックスなボーティー。
ポット用のバッグが20個入って2.60リンギット(約70円)なので安いです。

↑お土産用にティーバッグが箱に入った様々なフレーバーティーは、1箱20個入りで約9リンギット(約235円)。
それでも良心的な価格です。

お土産屋さんを出て、更に奥へと行くと、ボーティーセンターに関する展示場になっています。

↑ボーティーセンターの歴史なんかを、ここで読めます(英語です)。

その奥では、お茶の工場見学もできる様になっていました。

ボーティーセンターの外で雄大な自然をバックに写真を撮ろう

ボーティーセンターのカフェを出ると、下に茶畑に沿って歩ける遊歩道があり、散歩しながら山を背景に写真を撮っている人が沢山います。

また、ボーティーセンターから500メートル以内の道路沿いも、綺麗な山の景色を眺める事ができる、いいお散歩ができる道になっています。

綺麗な景色が続くので、歩いていて楽しいです。

おすすめ観光地その2 ワイルドな森の中を散策するモッシーフォーレスト

ここは特に、山歩きが好きな方におすすめの観光地です。
モッシーフォーレストと言って、苔の生えた木々が繁るワイルドな森の中を散策できる場所です。
両手も使って山登りする様になるので、動きやすい服装と歩きやすいスニーカー、リュックサックで行くのがいいです。

入場料は、大人30リンギット(約790円)、子ども15リンギット(約390円)です。
所要時間は、自分で調整できる様になっていて、好きな所まで進んで行って、好きな所で戻って来れます。
ただ、始めの階段の所を通過して、森に入るまでに15分位かかるので、森に入りたい方は最低でも1時間は見ておく必要があります。

モッシーフォーレストの場所はこちらです。

始めの約15分は階段を進んで行く

入場料を払い、モッシーフォーレストに入ると、始めの約15分は、整備された階段を進んで行きます。
ただ、階段の幅が狭く歩きづらいので、注意が必要です。

この階段の所でも、モッシーフォーレストの自然を少し楽しむ事ができます。

途中展望台に上って、山の景色も見れます。

そこから階段を、今度は下って、先へと進んで行くと、整備されていた道が終わり、山道へ入ります。

ここからが本当のモッシーフォーレストです。

山道に入ったモッシーフォーレストは苔の生えた木々の大自然

さあ、モッシーフォーレストの山道に入りました。

いきなり両手も使って、木の根っこにつかまりながら進む、ワイルドな変貌ぶりです。

この根っこ、眺める為のものではなく、ここが進行方向で、この根っこにつかまり足をかけて、一歩一歩進んで行くんです!

出た!モッシーフォーレストの苔のついた木々。

日本では見た事のないような自然が圧巻です。

適度な所で引き返さないと、帰り道にも時間がかかってしまいます。
その辺を考えながら、モッシーフォーレストを満喫しましょう。

おすすめ観光地その3 綺麗な花々と写真を撮って楽しむキャメロンラベンダーガーデン

マレーシア人に人気のこのキャメロンラベンダーガーデンは、メインはラベンダーなんですが、それ以外にも様々なお花が咲いている、お花を見るのが好きな方におすすめの観光地です。

入場料は、大人10リンギット(約260円)、子ども7リンギット(約180円)です。

場所は、キャメロンハイランドの観光エリアの北の方にあり、タナラタから約15キロ離れています。

ラベンダーも花々もカフェもお土産も!キャメロンラベンダーガーデン内の様子

私は週末の土曜日に行ったのですが、旅行に来たマレーシア人で結構混んでいました。

入るとラベンダーが綺麗に咲いています。

それ以外のお花も見ながら、階段を上ります。

上の階のお花畑でも、多くの人が写真を撮っています。

カフェもありました。
ケーキが約12リンギット(約315円)、ドリンクが5リンギット(約130円)位からで、マレーシアの観光地の平均的な価格です。

更に進んで行くと、再びお花畑です。

みんないい写真を撮るのに一生懸命です。

奥の階段を下りると、踊り場にお土産屋さんがあります。

階段を下りてもお土産屋さん。

その奥へ行ってもお土産。

そしてお土産屋さんの並ぶ坂道を下ると、出口へ出ます。

おすすめ観光地その4 いちご狩りが楽しめるストロベリーファーム

キャメロンハイランドと言えば、お茶といちごの産地!
そのいちごを味わおうというのが、ストロベリーファーム(いちご畑)でのいちご狩りです。

キャメロンハイランドのいちごの味はというと、甘さが弱めで酸味が強い、すっぱめですが、旅の記念にやってみましょう。

実際キャメロンハイランドには、何ヵ所もストロベリーファームがあるのですが、いちごの味はどこも同じ様なものなので、どこのストロベリーファームでもいいと思います。

ここでは私が行った、ロイヤルベリーというストロベリーファームでのいちご狩りを紹介して行きます。
場所はこちらです。

いちご100グラムは普通サイズのいちご約7個分

まずはカフェの会計も兼ねている受付で、いちご狩りを申し込みます。
いちご狩りは英語でセルフピック(Self Pick)です。

すると、ザルとハサミを渡されるので、それを持っていちご畑へと入り、ハサミで茎を切って、ザルにいちごを入れて行きます。

このロイヤルベリーのいちご狩りは、いちご100グラムで4リンギット(約105円)。
良心的な価格です。

いちご100グラムって、いちご何個分なのかという事ですが、特段大きくも小粒でもない、普通サイズのいちご約7個分です。
いちご狩りをする際の目安にしてくださいね。

私は9個取ってみたら、100グラムを少しオーバーしていました。

受付にいちごを持って行って、取ったいちごの会計を済ませ、パックに入れてもらいました。
折角なので、すぐ食べました。

粒によって甘さがまちまちです。
全体的に酸味が効いた、爽やかないちごでした。

まとめ・関連記事

キャメロンハイランドのおすすめ観光地は、ボーティーセンターとモッシーフォーレストとラベンダーガーデンとストロベリーファーム。
行く曜日は週末と月曜以外の、火曜日から金曜日がおすすめ!

関連記事
Pocket

-マレーシア, ライフスタイル, , 東南アジア, 海外で暮らす

執筆者:


  1. […] キャメロンハイランドのおすすめ観光地!ラベンダーガーデン等4ヵ所【マレーシア】 […]

関連記事

マイソールのおすすめ安宿とおすすめできない安宿【インド】

こんにちは、トモカです。 私はインドのマイソールに、2019年5月から13日までの9日間、滞在しました。 その間に、マイソールの安宿4ヶ所に行きました。 今回はその中で、最もおすすめの安宿と、そうでな …

【ミャンマー】モン族の友達とモン州へ遊びに行く!でかい大仏とお祭りとトムヤムクン

こんにちは、魂の冒険家トモカです。 ミャンマーに住んでいた間、2018年3月に、モン族の友達とミャンマーのモン州へ遊びに行きました。 モン州はヤンゴンの東の海沿いにあり、私が行って来たのは地図のここで …

イポーで一番安くておいしいチキンライスを発見しました【マレーシア】

こんにちは、トモカです。 2019年6月10日から7月20日の間の1ヵ月以上を、イポーに滞在したんですけど、それでついに見つけてしまいました。 イポーで一番、安さとおいしさとを、兼ね備えたチキンライス …

バンコクから電車でチュンポンへ行きフェリーでタオ島に行く行き方【タイ】

こんにちは、東南アジアをよく旅してるトモカです。 私は2019年2月の11日から12日にかけて、バンコクから夜行列車でチュンポンへ行き、翌日の午前中にチュンポンからタオ島に移動しました。 どうやって移 …

【モルディブ観光】マーフシ島のエスカーションをご紹介

こんにちは、トモカです。 私は、2019年7月29日から31日の2泊3日で、モルディブのマーフシ島というローカル島へ行って来ました。 泊まったホテルでマーフシ島が準備しているエスカーションという、オプ …


魂の冒険家トモカです。

仕事は2010年から占い師をしています。

12歳から16年間は鬱を患いながら過ごし、28歳の時、自力で鬱を克服し、悩める人のお役に立ちたく占い師になりました。

2013年30歳の時、バックパッカーで世界一周し、2017年7月から一年間ミャンマーで日本語教師をして、現在はノマド占い師としてインドや東南アジアを放浪しています。

「あなたが幸せに生きたら、地上から不幸な人を一人、救ったことになるんだ」という思いで、日々活動しています!