地救人を生きよう

あなたが幸せに生きたら、地球上から不幸な人を一人、救ったことになるんだ。

ライフスタイル 東南アジア 海外で暮らす

【マラッカ観光】金土日はジョンカーストリートのナイトマーケットへ行こう【マレーシア】

投稿日:

Pocket

こんにちは、トモカです。

私は2019年7月20日から25日までの5日間、マレーシアのマラッカに滞在しました。

着いた日が土曜日だったので、週末金土日の18時から0時に開かれる、ジョンカーストリートのナイトマーケットへ行ってみました。
どんな感じかご紹介して行きますね。

ジョンカーストリートのナイトマーケットはここです。

尚、マレーシアリンギットの円換算は、2019年7月23日時点のものになります。
では見て行きましょう。

激混みのジョンカーナイトマーケット

20時半頃行ってみたら‥とにかく混んでました。
想像以上です。

まるで夏祭りです。

のろのろ歩きしかできません。

↑ステージではカラオケ大会みたいのもやってました。

外国人観光客、マレーシア国内の観光客やら現地人やらごった返してました。

どハデな自転車が爆音でタクシー代わりに路地を走る

ジョンカーナイトマーケットの東端には、どハデにライトアップされた自転車が、何台も停まっていました。

この自転車には運転手がいて、お客さんを乗せて走ってくれます。

乗ってる間は爆音で音楽が流れるので、この辺のエリアで音楽が聞こえて来ると、「あれが来る!」と察知できます。

お客さんとしてこれに乗ってるのは、中華系マレーシア人なのか中国人なのか判別つきませんでしたが、ほとんどが中華系の人達でした。
マラッカ観光の思い出になりそうですね‥。

シーフードやご飯系やお菓子やジュースやお土産と出店多数

ナイトマーケットで楽しみなのは、食べ物等の出店ですよね。
ジョンカーナイトマーケットは、何を食べようか迷うほど、色んな出店が出ていました。

↑どれでも1リンギット(約26円)の串焼き屋さん。
豚のレバーがおいしかったです。

シーフードを焼いて食べさせてくれる出店も沢山ありました。

↑エビが一匹15リンギット(約400円)とかでした。
シーフードはやはりいい値段しますね。

↑餃子が英語でダンプリンなのは、なんか違和感ありますね。
5個入りで7リンギット(約185円)。
そう、餃子って、アジアの海外で人気で、高いんですよ‥。

↑我らが寿司もありました。

ジュースやスイーツの店も色々ありました。

エッグタルトは1個2.40リンギット(約65円)でした。
おいしかったです。

食べ物だけでなく、雑貨やアクセサリーの店なども沢山出てました。

まとめ

週末金土日のマラッカ滞在では、ジョンカーストリートのナイトマーケットへ行ってみよう。

Pocket

-ライフスタイル, , 東南アジア, 海外で暮らす

執筆者:

関連記事

【ミャンマー】ヤンゴンからピイへ最安値のローカル電車で行く方法!復路の説明も有り

こんにちは、魂の冒険家トモカです。 ミャンマーで、ヤンゴンからピイへ移動するには、バスの利用がメジャーですが、片道最低でも5千チャット(約370円)します。 ピイへ行くには電車もあって、私は2019年 …

イポーからキャメロンハイランドへのバスでの行き方と戻り方【マレーシア】

こんにちは、トモカです。 私は2019年7月3日から8日までの6日間、キャメロンハイランドに滞在し、イポーから行って戻って来ました。 そこで今回は、イポーからキャメロンハイランドへ、バスで行って戻る行 …

【ミャンマー】モン族の友達とモン州へ遊びに行く!でかい大仏とお祭りとトムヤムクン

こんにちは、魂の冒険家トモカです。 ミャンマーに住んでいた間、2018年3月に、モン族の友達とミャンマーのモン州へ遊びに行きました。 モン州はヤンゴンの東の海沿いにあり、私が行って来たのは地図のここで …

東南アジアの仏教国の寺院でやってはいけない写真のポーズ集

こんにちは、魂の冒険家トモカです。 タイ、ラオス、ミャンマーなど、東南アジアには仏教国が多くあります。 これらの国を旅行したら、観光に寺院を訪れたりするでしょう。 そんな時に、気をつけたい事があります …

インド人男性のしつこいナンパ、その原因と実例。ロマンチストで空気読めないインド人

こんにちは、魂の冒険家トモカです。 インド人の男にも色んなタイプがいると思いますが、インド人男性のナンパは概してしつこいです。 それには理由があります。 日本人とインド人の、コミュニケーション文化の違 …


魂の冒険家トモカです。

仕事は2010年から占い師をしています。

12歳から16年間は鬱を患いながら過ごし、28歳の時、自力で鬱を克服し、悩める人のお役に立ちたく占い師になりました。

2013年30歳の時、バックパッカーで世界一周し、2017年7月から一年間ミャンマーで日本語教師をして、現在はノマド占い師としてインドや東南アジアを放浪しています。

「あなたが幸せに生きたら、地上から不幸な人を一人、救ったことになるんだ」という思いで、日々活動しています!