地救人を生きよう

あなたが幸せに生きたら、地球上から不幸な人を一人、救ったことになるんだ。

ライフスタイル 日記 東南アジア 海外で暮らす

クアラルンプールのナイトクラブZouk KLに行ってみた【動画付き】

投稿日:07/28/2019 更新日:

Pocket

こんにちは、トモカです。

2019年7月26日に、マレーシア最大級のクラブZouk(ズーク) KLに行って来ました。
動画も撮って来たので載せますね。

ではどうぞ。

金曜日のレギュラーイベントに0時前に行ったら女性は入場無料だった

23時半に着きました。
Zouk KLの入口には、多くの人がいて、でもまだ入場する感じではなく、クラブの前でダベっていました。

入場料かかるものと思って料金払おうとしたら、「女性は無料」と言われて、腕にスタンプを押されて、すんなり入れました。

↑特に外タレが来るでもない、金曜日のレギュラーイベントでした。

0時半過ぎたらメインフロアは激混み

メインフロアへは、入場してから一旦別の出口から外へ出て、それからまた別の入口から入るとあります。

0時までは、フロアで踊ってる人はほとんどいなかったのですが、0時半過ぎたらメインフロアに急に人が沢山なだれ込んで来て、あっと言う間にいっぱいになりました。

なのでZouk KLは、1時前に行くのが良さそうですね。

↑満員です。

音楽は、他のフロアもそうですが、流行りのEDMでした。

私はZouk KLに4時までいたのですが、その時間でも変わらず人がいっぱいで盛り上がってましたね。

2番目のフロアはMCが盛り上げ続けていた

2番目に人が多かったフロアは、入場して右にあるフロアでした。
「ベルベット」という名前のフロアみたいです。

ここも、0時前はガラガラで大丈夫かと思ったんですが、1時位になったら満員でした。
人が入ってからは、ずっとMCがフロアを盛り上げてくれてました。

メインフロアもそうですが、このフロアもダンサーがまめに出て来てくれてました。

3番目のフロアは2時位に一度盛り上がった

Zouk KL入って左にあるフロアはずっとガラガラだったのですが、2時位に人が多少入って、ダンサーも出て来ました。
このフロアは、「Phuture」という名前の様です。

しかしその時以降は、またガラガラに戻りました‥。

Zouk KLの客層や雰囲気

Zouk KLの客層は、ローカルの中華系マレーシア人がほとんどの印象でした。
その中に、マレー系とインド系が紛れてる感じでした。
観光客の欧米人も少しいました。

女性は、バキバキに濃い化粧をして、クラブモードにキメた感じの人は少なくて、デニムのミニスカートやショートパンツにキャミソールにスニーカーと言う、ラフな服装に程々の化粧という、カジュアルな格好の人がほとんどでした。

客層の雰囲気は、とても良かったと言えます。
失礼な人や嫌な事をして来る様な人はほとんどおらず、混んでるのですが、泥酔や悪い酔いしてる人は見かけませんでした。
なので、女性一人でも安心して踊れました。

Pocket

-ライフスタイル, , 日記, 東南アジア, 海外で暮らす

執筆者:

関連記事

ミャンマーの現地法人の日本語学校で一年間日本語教師をした実態レポート

ハァイ、魂の冒険家トモカです。 2017年7月から、ミャンマーで一年間、日本語教師をしていました。 一体どんなきっかけで、別に教師目指してもいなかった私が、発展途上国で日本語教師になったのか。 発展途 …

キャメロンハイランドのおすすめ観光地!ラベンダーガーデン等4ヵ所【マレーシア】

こんにちは、トモカです。 私は2019年7月3日から8日までの6日間、キャメロンハイランドに滞在しました。 そこで、キャメロンハイランドのメインとなる観光地4ヵ所に行って来ましたので、おすすめ順にご紹 …

【モルディブ】ローカル島のディフューシ島観光!マレからの行き方やエスカーション等

こんにちは、トモカです。 私は2019年7月31日から8月3日までの3泊4日、モルディブのローカル島の1つであるディフューシ島に滞在しました。 ディフューシ島は、マレと同じ環礁の、マレより北東にある小 …

【ミャンマー】ヤンゴンからピイへ最安値のローカル電車で行く方法!復路の説明も有り

こんにちは、魂の冒険家トモカです。 ミャンマーで、ヤンゴンからピイへ移動するには、バスの利用がメジャーですが、片道最低でも5千チャット(約370円)します。 ピイへ行くには電車もあって、私は2019年 …

マイソールのヨガスクールご紹介【インド】

こんにちは、トモカです。 私は2019年5月5日から13日までの9日間、マイソールに滞在しました。 宿泊できる瞑想センターを探していたのですが、マイソールはそういう所はあまりなく、ヨガスクールが多い様 …


魂の冒険家トモカです。

仕事は2010年から占い師をしています。

12歳から16年間は鬱を患いながら過ごし、28歳の時、自力で鬱を克服し、悩める人のお役に立ちたく占い師になりました。

2013年30歳の時、バックパッカーで世界一周し、2017年7月から一年間ミャンマーで日本語教師をして、現在はノマド占い師としてインドや東南アジアを放浪しています。

「あなたが幸せに生きたら、地上から不幸な人を一人、救ったことになるんだ」という思いで、日々活動しています!