地救人を生きよう

あなたが幸せに生きたら、地球上から不幸な人を一人、救ったことになるんだ。

アジア ライフスタイル 海外で暮らす

【モルディブ】ローカル島のディフューシ島観光!マレからの行き方やエスカーション等

投稿日:

Pocket

こんにちは、トモカです。

私は2019年7月31日から8月3日までの3泊4日、モルディブのローカル島の1つであるディフューシ島に滞在しました。

ディフューシ島は、マレと同じ環礁の、マレより北東にある小さな島です。

今回は、マレからのディフューシ島への行き方や帰り方、ディフューシ島のエスカーションや島の概要を説明しますね。

尚、米ドルやモルディブルフィアの円換算は、2019年8月14日時点のものになります。
ではどうぞ。

マレからディフューシ島への行き方

マレからディフューシ島への行き方を述べて行きます。

ちなみに、モルディブのフェリーについて調べるには、ワイルドモルディブのサイトが便利です。

では空港からマレまでの行き方から説明しますね。

マレ国際空港からマレへの行き方

空港を出ると、マレへのフェリー乗り場への矢印があるので、それに沿って1、2分歩くと、すぐフェリー乗り場があります。

30分に一本位のペースでフェリーが出ているので、そんなに待たずに乗れます。

↑近くにチケット売り場があります。
フェリー代は1人1ドルです。
窓口に1ドルを渡すと、すぐにチケットを出してくれるので、そのチケットをこのフェリーのスタッフに渡します。

10分程でマレの北東の港に着きます。
ここです。

ローカルフェリーでマレからディフューシ島へ行く方法

マレからディフューシ島間のローカルフェリーは、行きも帰りも金曜日は休みですので、ご注意ください。
また、悪天候により海が荒れている場合には、運休となる様です。

マレから他の島へ行くローカルフェリーの乗り場は、マレの南西にある、このヴィリンギリ・フェリーターミナルという場所になります。
エアボートフェリーの船着場からは、徒歩30分位離れています。

チケット売り場でディフューシ行きのチケットを買います。
片道22ルフィア(約150円)です。

出航時間は、14時半の一日一便だけになります。
南の国にも関わらず、出発時間はのんびりしておらず、時間に正確でした。

マレを出発して、間にあるヒンマフシ島(Himmafushi)、オラ島(Huraa)、タラスドー島(Thulusdhoo)に順に寄り、17時40分にディフューシ島に到着します。
約3時間の船旅です。

スピードボートでマレからディフューシ島へ行く方法

私は利用しませんでしたので詳しい情報は分かりませんが、マレからディフューシ島へ行くスピードボートもあります。
料金は片道25ドル(約2670円)の様です。

スピードボートの発着時間は、ワイルドモルディブのサイトから、日付を設定し、Use transport typesの欄のScheduled speed boatにチェックを入れてお調べください。

スピードボートの乗り場は、ジェッティーナンバー6という、エアポートフェリー乗り場から徒歩5分程の所です。
この船着場を、スピードボートのチケット売りのおじさんがうろついているので、頼めばチケットを売ってくれるみたいでした。

ディフューシ島の安全なビーチと危険なビーチ

ディフューシ島に着きました。

ディフューシ島は、横に約100メートル、縦に約1キロの、南北に長い島で、歩いて1時間弱で島を一周できてしまう小さな島です。

島には3つのビキニビーチがあります。
ビキニビーチというのは、観光客が水着になって泳いで良いビーチの事です。
それ以外のエリアは、モルディブのイスラム教の風習により、水着でうろついてはいけない事になっています。

その3つの観光客用のビーチの内、南側の2ヵ所は安全で、北側の1ヵ所は危険です。
これから具体的な場所を説明します。

ちなみにシュノーケリングは、ディフューシ島のビーチには岩場がなく、熱帯魚がいなくてできませんでした。
シュノーケリングをするには、ディフューシ島が用意しているエスカーションに参加する必要があります。

安全:島の南のサンライズビーチ

ディフューシ島の南東に、サンライズビーチというビーチがあります。
観光客用に綺麗にゴミが拾われているビーチです。
遠浅で波がほとんどなく、安全に遊ぶ事ができます。

サンライズビーチの、場所はこちらです。

安全:島の南のサンセットビーチ

ディフューシ島の南西にある、夕日を見るのにも良いビーチです。
こちらも遠浅で波がほとんどなく、安全に遊べるビーチです。

ただ、サンライズビーチほど砂浜のゴミがちゃんと拾われておらず、ローカルの生活感が漂うビーチでした。

サンセットビーチの場所はこちらです。

危険:島の北側にあるビーチ

ディフューシ島の北側に、カーブしたビキニビーチがあります。
ここが危険なのです。

なぜ危険かというと、すぐ沖を船が頻繁に行き来しており、その沖へと速いスピードで流れる離岸流があるからです。
離岸流に流され溺れてしまった死亡事例もあるとの事で、ホテルの人からここでは泳がない様、厳重に注意されました。

実際行ってみると、このビーチで遊んでいる観光客もいるのですが、やめておいた方がいいでしょう。

場所はここです。

ディフューシ島のエスカーション

私は参加しなかったのですが、ディフューシ島で用意しているエスカーションがありましたので、概要をご紹介します。

↑上から同じ様に日本語で表示します。

・シュノーケリング(1〜2時間)、30ドル(約3200円)
・サンドバンクでリラックス(1〜2時間)、30ドル(約3200円)
・サンセットドルフィントリップ、30ドル(約3200円)
・夜釣り(1〜2時間)、35ドル(約3720円)
・昼間の魚釣り(1〜2時間)、35ドル(約3720円)
・アイランドホッピング、100ドル(約1万630円)
・サンドバンクディナー、100ドル(約1万630円)
・サンドバンクバーベキュー、110ドル(約1万1700円)
・ビーチディナー、80ドル(約8500円)
・ビーチバーベキュー、90ドル(約9570円)
・オーバーナイトプライベートアイランド、オールインクルーシブ、150ドル(約1万6千円)
・キャストフィッシング(半日)、155ドル(約1万6500円)
・ビーチでのウエディング(カップルごと)、755ドル(約8万300円)
・サンドバンクでのウエディング(カップルごと)、1055ドル(約11万2230円)
・ダイビングやウォータースポーツアクティビティーもありますが、詳細はフロントにご確認ください。

泊まって良かったおすすめディフューシ島のゲストハウス

私は3泊4日の間、このアミーラゲストハウス(Ameera Guest House)に泊まったのですが、ゲストハウスというより完璧ホテルで綺麗だし、スタッフの応対も良くて、大満足でした!

この部屋が、居心地良くて最高でした。

小型の冷蔵庫とケトルもあって、便利でした。

バスルームも綺麗。

宿泊費は、予約する時期や日にちでかなり変動する様です。
私が宿泊したのはモルディブが雨季の時期で、1泊23ドル(約2500円)と破格でした‥。
あり得ないほどお得感感じました。嬉しかったです。
通常はこの倍くらいの料金かと思われます。

立地も良くて、サンライズビーチもサンセットビーチも歩いてすぐ、フェリー乗り場も近いので、ここ本当におすすめです。
場所はこちらです。

ディフューシ島の物価

ここでは、ディフューシ島の食べ物の価格を、外食と商店での買い物に分けて、簡単に紹介します。

外食にかかる費用は日本と同じくらい

ディフューシ島に限らず、モルディブ全体に言える事ですが、外食が税金も高めで割高です。
とは言っても、金額は日本と同じ位です。

↑泊まったゲストハウス併設のレストランで、晩ご飯を食べました。
鶏肉のチャーハン6ドル(約640円)、スイカジュース2ドル(約210円)、そこに税金がついて、合計10ドル(約1060円)。

↑また別の日に食べた、でかい焼き魚10ドル(約1060円)に、大量のフライドポテト3ドル(約320円)も頼んで、税込で16ドル(約1700円)。
このゲストハウスのレストラン、味付けが自分的にちょっと薄味でしたが、まあいいとします。

商店での食料品の買い物では水が安い

モルディブは、地元の人が行くスーパーや、食料品が売ってる商店が安いですよ。
ディフューシ島には大きなスーパーはありませんが、個人でやってる小さめの商店が何軒かあります。

まず水が、ディフューシ島では1.5リットルのペットボトルが、7〜8ルフィア(約55円)です。
水が安いのは嬉しいですね。

インスタントラーメンが、1袋6ルフィア(約40円)位。

食パンとツナの缶詰が、それぞれ20ルフィア(約140円)位です。

ディフューシ島からマレへのローカルフェリーの帰り方

帰りのローカルフェリーも金曜日は休みですのでご注意ください。

ディフューシ島からマレへ帰るローカルフェリーは朝早くて、6時半に出発します。
船代の22ルフィア(約150円)は船内で払いました。

行きと同じく、間にある3つの島に寄港し、約3時間後の9時40分に、マレのヴィリンギリ・フェリーターミナルに到着します。

まとめ

マレからディフューシ島へのローカルフェリーは、マレの南西にあるヴィリンギリ・フェリーターミナルから出航している。
1日14時半発の1便のみで、片道22ルフィア(約150円)、約3時間でディフューシ島に到着する。
金曜日は休み。

ディフューシ島の北側にあるビーチは、船の往来と離岸流があって危険なので、入らない方が良い。

ディフューシ島からマレへの帰りのローカルフェリーは、朝6時半ディフューシ島出発と、朝早い。
こちらも金曜日は休み。

Pocket

-アジア, ライフスタイル, , 海外で暮らす

執筆者:


  1. […] 【モルディブ】ローカル島のディフューシ島観光!マレからの行き方やエスカーション等 Tweet Pocket!function(d,i){if(!d.getElementById(i)){var j=d.createElement("script");j.id=i;j.src="https://widgets.getpocket.c […]

関連記事

キャメロンハイランドのおすすめ観光地!ラベンダーガーデン等4ヵ所【マレーシア】

こんにちは、トモカです。 私は2019年7月3日から8日までの6日間、キャメロンハイランドに滞在しました。 そこで、キャメロンハイランドのメインとなる観光地4ヵ所に行って来ましたので、おすすめ順にご紹 …

ミャンマーの現地法人の日本語学校で一年間日本語教師をした実態レポート

ハァイ、魂の冒険家トモカです。 2017年7月から、ミャンマーで一年間、日本語教師をしていました。 一体どんなきっかけで、別に教師目指してもいなかった私が、発展途上国で日本語教師になったのか。 発展途 …

【イポー観光】おすすめ洞窟&洞窟寺院ベスト5とおすすめできない洞窟【マレーシア】

こんにちは、トモカです。 私は2019年6月10日から7月20日の間の大半を、イポーに滞在しました。 イポーと言えば洞窟や洞窟寺院が有名で、天然洞窟を含め合計で30弱の洞窟や洞窟寺院がある様です。 そ …

バンコクから電車でチュンポンへ行きフェリーでタオ島に行く行き方【タイ】

こんにちは、東南アジアをよく旅してるトモカです。 私は2019年2月の11日から12日にかけて、バンコクから夜行列車でチュンポンへ行き、翌日の午前中にチュンポンからタオ島に移動しました。 どうやって移 …

【インドのゴア】アランボールのおすすめカフェ&レストランと人気のスイーツをご紹介!

こんにちは、魂の冒険家トモカです。 2018年11月は、インドのゴアの北部、アランボールで過ごしました。 今回は、これからアランボールに行かれる方に、おすすめのカフェやレストラン、アランボールで人気の …


魂の冒険家トモカです。

仕事は2010年から占い師をしています。

12歳から16年間は鬱を患いながら過ごし、28歳の時、自力で鬱を克服し、悩める人のお役に立ちたく占い師になりました。

2013年30歳の時、バックパッカーで世界一周し、2017年7月から一年間ミャンマーで日本語教師をして、現在はノマド占い師としてインドや東南アジアを放浪しています。

「あなたが幸せに生きたら、地上から不幸な人を一人、救ったことになるんだ」という思いで、日々活動しています!