地救人を生きよう

あなたが幸せに生きたら、地球上から不幸な人を一人、救ったことになるんだ。

カフェ・レストラン ナイトマーケット マレーシア 東南アジア

コタキナバルのナイトマーケット総まとめ!場所やおすすめ屋台【マレーシア観光】

投稿日:09/09/2019 更新日:

Pocket

こんにちは、トモカです。

私は2019年8月20日から9月12日までの約3週間、マレーシアのコタキナバルに滞在しました。

コタキナバルの街には、私が見つけた範囲では、ナイトマーケットが週末限定のものを含めて6つありました。
今回はそれを全てまとめて紹介します。

ちなみに、ナイトマーケットは何時に行けばいいのか、何時ならやっているか、という事ですが、18時以降に行くといいです。
17時半だと、まだ開店準備をしているお店も多くあるからです。

尚、マレーシアリンギットの円換算は、2019年9月11日時点のものになります。
ではどうぞ。

コタキナバルで最大かつ最も有名なナイトフードマーケット

コタキナバル最大で、最も有名なナイトマーケットは、道路と海の間の広い敷地にあります。
場所はこちらです。

大きく、店の種類も多いので、何がどこにあるか、ざっくり分けて説明しますね。

ナイトフードマーケットの中央にはおすすめ屋台

ナイトフードマーケットほぼ中央の、グーグルマップ上でナイトフードマーケットの矢印が表示される場所の近くに、おすすめの安くておいしい屋台があります。

↑この赤い点が表示される辺りです。

↑皿に盛ったライスを受け取り、おかずを自分で乗せて行き、会計してもらって、奥のテーブルで食べます。

↑味付けがおいしく、ボリュームがあるこの一皿で、5リンギット(約130円)です。
お値段もとても良心的!

ナイトフードマーケットの右側はお土産屋さん→ローカル屋台

海を正面にして、ナイトマーケットの真ん中から右側は、道路沿いには土産物屋が並んでいます。

バッグやぬいぐるみ、雑貨など、色んなお土産が売られています。

↑お土産屋さんの並びを抜けて、奥の海の方へ行くと、シーフードやチキンのローカル屋台が並んでいます。

↑揚げたエビやカニが、1パック5リンギット(約130円)。

↑焼き魚も各種売られており、写真右下の大きなマグロの切り身が、8リンギット(約210円)でした。

↑チキンは1本1.5リンギット(約40円)。

ナイトフードマーケットの左側は道路沿いから乾物屋→果物屋

海を正面に見て、ナイトフードマーケットの中央より左側の道路沿いには、乾物屋が並んでいます。

乾物屋を抜けて、更に海の方へ行くと、そこには野菜や果物の市場が広がっています。

↑カットフルーツは、1パック2リンギット(約50円)から。

↑ランブータンなどの南国フルーツが、1キロ3リンギット(約80円)位からで売られており、お得です。

ナイトフードマーケットの一番奥の海沿いは魚市場

ナイトフードマーケットの一番奥の海沿いは、魚市場になっています。

様々な魚介類が、ローカル価格で売られています。

シーフードレストランが並ぶウォーターフロント・シーフードナイトマーケット

ナイトフードマーケットから北東へ10分ほど歩いた所には、ウォーターフロント・シーフードナイトマーケットがあります。

場所はこちらです。

ちなみに、このウォーターフロント・シーフードナイトマーケットから、海を前にして右手へ少し行くと、夕日が綺麗に見える広場があります。

ウォーターフロント・シーフードナイトマーケットではシーフードレストランが軒を連ねる

このウォーターフロント・シーフードナイトマーケットは、道路と海の間の敷地にあり、シーフードレストランが並んでいます。

店先に並べられたシーフードがおいしそうです。

それにしても客引きがすごいです。
店ごとに客引きが声をかけて来て、足止めを食らいます。

安い屋台でシーフードチャーハンを食べてみました

↑メニューの価格表を見ていたら、安いお店があったので、ここに入ってみました。
道路側にある屋台の1つです。

↑この中から、シーフードフライドライス、7リンギット(約180円)を注文。

プリプリの新鮮なエビが4匹くらい入っていて、満足でした。
ただ、みじん切りの人参とまったく同じ色の唐辛子が紛れており、取り除くのがちょっと大変でした。
味付けは、まあまあおいしかったです。

ドリアンが安い値段で食べられるドリアン・ストリート

ウォーターフロント・シーフードナイトマーケットの近くには、ドリアン・ストリートというナイトマーケットがあります。
ドリアン好きにはたまらない、ドリアンがローカル価格で食べられるナイトマーケットです。

場所はここです。

ドリアン・ストリートを海の方へ行けば行くほどドリアンの値段が安くなる

このドリアンストリートには、海の方へ行けば行くほど、ドリアンの値段が安くなる、という特徴があります。
どんな感じか見てみましょう。

まず内陸側。

↑ 10リンギット(約260円)で、この量です。

では少し海側へと歩いてみます。

↑同じ1パック10リンギットでも、入ってる量が少し増えました。

ドリアンストリートの中央辺りはどうでしょうか。

↑10リンギットで、容量がここまで増えました。

もう一声!
一番海側の店のドリアンを見てみましょう。

↑モリモリに盛られて10リンギット(約260円)です。

ドリアンストリートのおすすめ屋台は最も海側の店

という訳で、ドリアンストリートの最もおすすめの屋台は、一番海側の店です。

このおすすめ屋台の10リンギットのパックは、閉じて売られている時もあれば、開いている時もありました。

ちなみに上の写真のオレンジ色のドリアンはどんな味かと、お店の人に聞いてみたら、白っぽいクリーム色の普通のドリアンより、甘くないそうです。
甘みを求めるなら白っぽい方ですね。

↑この一番海側の店のドリアンは、甘くて本当においしかったです!

ドリアンストリートの中央辺りにある別の屋台で買ってみた事もあるんですが、甘みも薄いし、下の方のドリアンが痛んでいて、がっかりしました。
ドリアンストリートの中ほどには、そんな店もあるのでご注意ください。

週末金土限定で開催されるガヤストリートのアピアピ・ナイトフードマーケット

飲食店やお土産屋さんが並ぶガヤストリートでは、週末の金曜と土曜限定で、アピアピ・ナイトフードマーケットが開催されます。

場所はここです。

ローカル達の週末の憩いの場アピアピ・ナイトフードマーケット

アピアピ・ナイトフードマーケットは、どういうナイトマーケットなのかというと、地元の人達の、週末の憩いの場というのがふさわしい、のんびりまったりした雰囲気が特徴です。

そこまで混んでおらず、人がまばらに、思い思いに楽しんでいる感じです。

↓道路の隅には、テーブルとイスが用意されており、屋台で買った晩ご飯を食べるのに使われています。

ガヤストリートの門の前や、通りの中程では、ストリートライブも開かれています。

曲目は主に、マレーシアのポップスです。

アピアピ・ナイトフードマーケットの色んな屋台を紹介

アピアピ・ナイトフードマーケットには、どんな屋台が出ているのか、ご紹介します。

まず食べ物系。

↑マレーシアの串焼き、チキンが1本1リンギット(約26円)。
日本の焼き鳥より、甘みの強い味付けでした。
これはこれでおいしいです。

マレーシアのソウルフード、ナシレマは、2〜3リンギット(約50円〜80円)。

おいしかったです。

焼きそば屋さんがあったので、食べてみました。
7リンギット(約180円)で、味は異国の焼きそばという感じで普通でした。

↓ジュース屋さんもいくつか出ており、値段は大体1杯3リンギット(約80円)です。

↓スイーツ屋さんもありました。

↓あとは雑貨、アクセサリーなどのお土産屋さんです。

アピアピ・ナイトフードマーケットのおすすめ屋台

アピアピ・ナイトフードマーケットでは、このご飯屋さんがおすすめです。

↓ナシゴレン・アヤム(チキンチャーハン)が5リンギット(約130円)。
ちょっと塩味が強い感じがしましたが、薄いよりはいいです。
火加減が良く、ご飯がパラッとしていて、おいしかったです。

このおすすめ屋台の場所は、この辺りでした。

古着が沢山売られている古着のナイトマーケット

コタキナバルには、食べ物のナイトマーケットではなく、服が売られているナイトマーケットも2ヵ所ありました。

まずは古着のナイトマーケットからご紹介します。

この古着のナイトマーケットは、大きなナイトフードマーケットから、歩いて2分ほどの所にあります。

メンズ、レディース、トップス、ボトムスと、沢山の古着が売られています。

平均して、1着12リンギット(約310円)位の様でした。

↑パーカーや薄手のカーディガンなどの、アウターもありました。

↑私はこのワンピースを買いました。
15リンギット(約390円)だったのですが、値切って10リンギット(約260円)でゲットしました。

古着のナイトマーケットの、場所はこちらです。

アジアンテイストの服などが売られているナイトマーケット

コタキナバルにはもう1ヵ所、服が売られているナイトマーケットがあります。

ここはアジアンテイストの服が多く売られています。

あとはTシャツやバッグのお店。

ちょっとした電化製品も売られていました。

このナイトマーケットの、場所はこちらです。

まとめ

コタキナバルの街には、6つのナイトマーケットがある。

1、最も大きく有名な、ナイトフードマーケット。
2、ナイトフードマーケットの北東にある、ウォーターフロント・シーフードナイトマーケット。
3、ドリアンがローカル価格で食べられる、ドリアンストリート。
4、週末金土だけガヤストリートで開催される、アピアピ・ナイトフードマーケット。
5、古着が沢山売られている、古着のナイトマーケット。
6、アジアンテイストの服が売られているナイトマーケット。

Pocket

-カフェ・レストラン, ナイトマーケット, マレーシア, , 東南アジア

執筆者:

関連記事

【インドのゴア】アランボールビーチ観光!ベストシーズン・ビーチマーケット・ドラムサークル・ライブイベント

こんにちは、魂の冒険家トモカです。 2018年10月の終わりから12月半ばまで、南インドのゴアというエリアに滞在しています。 ゴアはここです。 11月いっぱいは、ゴア北部のアランボールという場所にいま …

キャメロンハイランドでトレッキング!人気のおすすめルートと危険ルート【マレーシア】

こんにちは、トモカです。 私は2019年7月3日から8日までの6日間、キャメロンハイランドに滞在しました。 キャメロンハイランドというと、トレッキングが有名ですが、キャメロンハイランドのどこに、いくつ …

【インドのゴア】アランボールのおすすめカフェ&レストランと人気のスイーツをご紹介!

こんにちは、魂の冒険家トモカです。 2018年11月は、インドのゴアの北部、アランボールで過ごしました。 今回は、これからアランボールに行かれる方に、おすすめのカフェやレストラン、アランボールで人気の …

イポーで一番安くておいしいチキンライスを発見しました【マレーシア】

こんにちは、トモカです。 2019年6月10日から7月20日の間の1ヵ月以上を、イポーに滞在したんですけど、それでついに見つけてしまいました。 イポーで一番、安さとおいしさとを、兼ね備えたチキンライス …

【タオ島観光】おすすめビーチベスト3!シュノーケリングポイントやビューポイントも【タイ】

こんにちは! 綺麗なビーチが大好きなトモカです! 私は2019年2月12日から1週間、タオ島に滞在して、島の全ビーチ巡りを楽しみました。 そこで分かったタオ島のおすすめビーチベスト3を発表致します! …


魂の冒険家トモカです。

仕事は2010年から占い師をしています。

12歳から16年間は鬱を患いながら過ごし、28歳の時、自力で鬱を克服し、悩める人のお役に立ちたく占い師になりました。

2013年30歳の時、バックパッカーで世界一周し、2017年7月から一年間ミャンマーで日本語教師をして、現在はノマド占い師としてインドや東南アジアを放浪しています。

「あなたが幸せに生きたら、地上から不幸な人を一人、救ったことになるんだ」という思いで、日々活動しています!