生き方

【人生】何となく生きてしまった人の末路。何となく生きても結局真剣に悩んでしまう

投稿日:12/19/2019 更新日:

Pocket

こんにちは、占い師のトモカです。

普段人々のお悩みを聞いている中で、もったいないなと思った事があります。

それは、何となく生きていても、結局真剣に悩むハメになるという事実です。
何となくで生きて来た、当たり障りのない人生でも、結局人は、何かと悩んでしまう羽目になるのです。

今回は、何となく生きてしまっている人のよくあるお悩みを例にする事で、何となく生きても、思い切りやりたい事にトライしても、結局同じくらい悩むのだから、やりたい事やって生きようと思って頂ければ幸いです。

何となく選んだ職場で真剣に悩むハメになる

よくある職場の悩みの一つに、
「職場の人達は、私の事をどう思っていますか?」
というのがあります。

質問にお答えして、更に話しを聞いて行くと、次に出て来る質問は、
「転職するなら、いつがいいですか?」
「次の仕事はどんな仕事がいいですか?」
というものです。

転職もお考えで、転職するならいつがいいかと質問されるという事は、そもそもこの職場自体が、いつ転職しても構わないほど、思い入れのない職場だという事です。

今の仕事や職場が、取り替え可能なものであるならば、そこにいる人達など、転職したなら縁が切れる、もっとどうでもいい事のはずです。

しかしその、自分にとって本来どうでもいい事に、時間もお金もかけて、真剣に悩んでしまっているんです。

このように人は、特に熱い思いのない仕事、思い入れのない職場にいても、悩んでしまうものなんです。
何となくで生きて、どうでもいい職場にいても、結局人は、その何となくのどうでもいい事に、真剣に悩んでしまう結果になるんです。

どうでもいい恋愛で真剣に悩むハメになる

恋愛でよくあるお悩みの一つがこちら。
「AさんとBさんはそれぞれ、私の事をどう思っていますか?」

占った結果、AさんもBさんも、相談者さんを特に異性として意識しておらず、あまり脈がなさそうだと分かった。

すると、次に来る質問は、
「新しい出会いはいつ頃ありそうですか?」
というものです。

という事は、この相談者さんにとっては、AもBもダメなら別に新しい出会いでいい、という位、そもそもAもBも、別にそこまで好きではなかったんですよ。

この、本来自分にとって別に特別でないはずのAやBに、本気で悩んで、お金までかけてしまっているんです。

どこにも誰にも、自分の熱い思いというのが、特にないんですね。
それなのに、特に思い入れのない人達の事で、真剣に悩んでしまっているんです。

このように人は、仕事だけでなく恋愛でも、何となく生きていて、誰に対しても特に何の気持ちもなくても、結局人は、その事に悩んでしまうんです。

熱意のない選択の積み重ねが意味の薄い人生を造ってしまう

仕事にせよ、恋愛にせよ、見て頂いたように、本来その方にとってどうでもいい事で、真剣に悩んでしまっている人が多くいます。
そういう方々は、生活の中のほとんどが、特に熱い思い入れのない、どうでもいい事で占められているのです。
それによって、どうでもいい事で悩まざるを得なくなっているのです。

なぜこのような生き方になってしまうのか。
なぜ人生という、自分にとってたった一つの大切なものが、ご本人にとって意味の薄いものになってしまっているのか。

その理由は、熱意のない行動と選択の積み重ねです。
本人の思い入れが特にない、何となく無難だと思われる判断と選択の積み重ねによって、本人にとって大切なものがほとんどない、意味の薄い人生が出来上がるのです。

「みんなやっているから。」
「無難そうだから。」
「誰々(親など)にそうするといいと言われたから。」

こういった思考停止の、本人にとって何となくの判断が、何となくの人生を造って行くのです。

何となくの無難な生き方をしても悩みは回避できない

ご覧頂いたように、何となくの無難そうな生き方を選んでみても、人は悩みから解放されるわけではありません。
問題が少なそうな、ラクそうな生き方を選んでみても、結局、自分で選んだその生き方や在り方に、悩んでしまうんです。

むしろ、何となく、どうでもいい感じで生きれば生きるほど、そのツケが悩みの種として回って来ているのでしょう。

自分と本気で向き合う事から逃げて、無難そうな道を選んでも、その違和感は本人が一番よく感じているんです。

自分から逃げていても、それでラクという事はないのです。
本当の自分と向き合う事から逃げて、どうでもいい生き方をしている事もまた、苦しみの一つでしかないのです。
だからこそ、特に思い入れのない生き方をしている人達は、悩みが絶えないんですね。

本当の自分と向き合い、思い切りやりたい事をやろう

無難そうな生き方、安全そうな生き方、問題の少なそうな生き方、失敗のなさそうな生き方。
特段自分の思い入れはない、そういった生き方を選んでみても、悩みから逃れられない事がわかりました。

むしろ、自分の思い入れのない、自分にとって当たり障りのない、何となくな生き方をすればするほど、自分の深い所から発せられる違和感が、あらゆる悩みとして自分の前に顕現します。

ラクそうな、山も谷も無さそうな道を選んだ結果、その違和感に本人が苦しむのです。
本当の自分を生きていないという、深い所にある自分の違和感が、生活のあらゆる悩みとなって、頭をもたげるのです。

自分の本当にやりたい事、本当にしたい生き方と向き合う恐れから逃げ出すと、待っているのはこのように、どうでもいい悩みに振り回されてしまう人生なのです。

本当の自分を生きる困難から逃げても結局、待っているのは、満足感の得られない人生なんですね。
という事は、思い切って自分のやりたいように生きてしまった方が、勇気が必要ですが、満足感や達成感が得られます。

本当に生きたい自分を生きよう

ご覧頂いたように、自分らしく生きても、生きなくも、結局人は同じくらい悩んでしまうんです。

どうでもいい職場、どうでもいい恋愛に、いちいち悩んでいるような生き方をしているよりは、自分らしく輝ける生き方をして行った方が、断然いいですよね。

あなたは本当に生きたい自分を生きていますか?

自分だけの生き方をする恐れから逃げても、待っているのは満足感のない悩みの日々です。

それなら思い切って、やりたい事をやって生きた方が、人生得です。
何となく生きて苦しみ悩むより、本当の自分を生きて輝きましょう。

まとめ

何となく無難な生き方をしても結局人は悩むので、本当の生きたい自分を生きた方が人生得です。

Pocket

-生き方

執筆者:

関連記事

実は大損!何となく生きているとどうなるのか。何となくな生き方解説

こんにちは、占い師の矢上ともかです。 世の中には、本人の真の熱意や意欲のないまま、流されるように何となく生きてしまっている人達が、実は多くいます。 何となく無難に生きてくのって、一見ラクそうですよね。 …

ミニマリズムの意味や目的とは。海外のミニマリスト・ユーチューバーに学ぶ真のミニマリズム

こんにちは、トモカです。 日本では、断捨離ブーム以降、ミニマリストというライフスタイルを実践する人々にも注目が集められています。 しかしながら日本のミニマリストは、必要最小限の物だけで生活する暮らしの …

断捨離による真の効果。断捨離と「物を大切にする事」は矛盾しない

こんにちは、トモカです。 断捨離がブームとなって久しいですが、その一方で、「簡単に物を捨てるなんてもったいない」と罪悪感を感じ、断捨離に批判的になってしまい、なかなか断捨離できずにいる方もいます。 幼 …

こんにちは、トモカ(矢上ともか)です。
仕事は都内の法律事務所勤務を経て、2010年から占い師をしています。

2013年30歳の時、バックパッカーで世界一周し、2017年7月から一年間ミャンマーで日本語教師をして、現在はデジタルノマド占い師として東南アジアを放浪しています。

「あなたが幸せに生きたら、地上から不幸な人を一人、救ったことになるんだ」という思いで、日々活動しています。