生き方

実は大損!何となく生きているとどうなるのか。何となくな生き方解説

投稿日:12/21/2019 更新日:

Pocket

こんにちは、占い師の矢上ともかです。

世の中には、本人の真の熱意や意欲のないまま、流されるように何となく生きてしまっている人達が、実は多くいます。

何となく無難に生きてくのって、一見ラクそうですよね。

ところが全くそうではないんです。
たった一度の人生を棒に振る生き方、それが「何となく」という選択の積み重ねです。

なぜそうなるのか、詳しく見てみましょう。

何となくな生き方は、大海に浮かぶ木の葉と同じ

「何となく」という事で実際にはどのような事をやっているのか。
まずはそれを解説します。

何となくな生き方というのは、大海に浮かぶ木の葉と同じです。

どういう事かというと、まず、あてがありません。
本人が目指している所が、どこにもないのです。
どこかへ行く意志が無く、波の間に揺れているだけです。

次に、変化を恐れるようになってしまいます。
海に揺れる木の葉は、本来どこにいようが大して変わらないはずなのに、他にあてがないので、自分のいた場所が一番安全であるかのように感じるのです。

そうして、どうでもいい事に悩むハメになります。
大海の木の葉は、今いる場所が根拠なく一番安全なような感じがするので、大した事のないちょっとした出来事や変化にも、「ああ!右へ行ってしまった」とか、「今回は左に行き過ぎている」などと言って、過敏に反応し、いちいち悩んでしまう人生になります。

よって、常に不安を抱える人生になります。
大海の木の葉は、自分がいた場所が安全に感じても、潮の流れで移動して行きます。
それは自分で望んだ変化ではない為、どこへ向かうのかも分からず、いつも不安を抱える人生になります。

結果、不満足な人生になります。
始めの動機が「何となく」でスタートした為、達成感というものが得られません。
達成感というのは、始めにそこを目指すから、結果得られる満足感だからです。
「何となく」でスタートした結果、何をやってみても、頑張ってみてさえも、満足の行かない人生を生きるハメになります。

このように、「何となく」で生きるというのは、一見安全そうで、実は損しかありません。

「何となく」になるのは自分と向き合う事を避けた結果

では、こんなにもメリットのない「何となく」を、ついやってしまうのはなぜかというと、自分と向き合う事を避けたのが原因です。

自分の本当にやりたい事、本当に望んでいる事、本当になりたい自分。
そういった事と向き合い、それを探し、目指す事から逃げた結果が、「何となく」という選択です。

脱・何となく人生への道は自分と向き合い続ける事

自分と向き合うのを怠けた結果、「何となく」という不満足しかない人生があなたを襲います。
そうならない為に、自分と向き合うという事が必要です。

自分の本音と深く向き合うのです。
心の奥底から放たれている自分の本音、本当にやってみたい事、本当に生きたい人生‥。

そういった心の本音の声を聴き取り、その実現に向けて行動する。
それによって、「何となくの人生」を回避する事ができるのです。

自分だけの人生を生きる事で充実した人生になる

何となく生きるのをやめて、自分の本音に向き合い、やりたい事を探し、見つけ、実現して行く人生。

そういった人生は、例えて言えば、宝の地図を手にして大海原へと出航するようなものです。
大海をただただ無意味に漂って、時間だけが過ぎている木の葉とは、人生の意味が違うのです。

そこには目的があります。
目的を達成する為に生きている意味があります。
その意味を満たす事は、自分を生きている充実感に繋がります。

自分と向き合い続ける事で、どうでもいい事に悩まされる人生から解放され、意義深い人生を送る事ができるのです。

あなたの本当にやってみたい事は何ですか?
本当に興味のある事は何ですか?
心が本当に望んでいる事は何ですか?

心の声を聞き、それを探して、見つけてやるのです。

できる範囲の事から、まずはやってみましょう!

まとめ

「何となく」な生き方は、目的がなく、それを達成する事もない為、結果、不満足な人生しか生きられない。
自分と向き合い、「何となく」を排除する事で、意義深く充実感のある人生を生きよう!

Pocket

-生き方

執筆者:

関連記事

【人生】何となく生きてしまった人の末路。何となく生きても結局真剣に悩んでしまう

こんにちは、占い師のトモカです。 普段人々のお悩みを聞いている中で、もったいないなと思った事があります。 それは、何となく生きていても、結局真剣に悩むハメになるという事実です。 何となくで生きて来た、 …

ミニマリズムの意味や目的とは。海外のミニマリスト・ユーチューバーに学ぶ真のミニマリズム

こんにちは、トモカです。 日本では、断捨離ブーム以降、ミニマリストというライフスタイルを実践する人々にも注目が集められています。 しかしながら日本のミニマリストは、必要最小限の物だけで生活する暮らしの …

断捨離による真の効果。断捨離と「物を大切にする事」は矛盾しない

こんにちは、トモカです。 断捨離がブームとなって久しいですが、その一方で、「簡単に物を捨てるなんてもったいない」と罪悪感を感じ、断捨離に批判的になってしまい、なかなか断捨離できずにいる方もいます。 幼 …

こんにちは、トモカ(矢上ともか)です。
仕事は都内の法律事務所勤務を経て、2010年から占い師をしています。

2013年30歳の時、バックパッカーで世界一周し、2017年7月から一年間ミャンマーで日本語教師をして、現在はデジタルノマド占い師として東南アジアを放浪しています。

「あなたが幸せに生きたら、地上から不幸な人を一人、救ったことになるんだ」という思いで、日々活動しています。