世界一周

東南アジアで1年間放浪生活したら地球半周分移動してた(笑)1年間の放浪まとめ

投稿日:

Pocket

こんにちは、トモカです。
(今回は1年間の東南アジア放浪についてのまとめ日記的な記事になります。)

私は2019年は、丸1年間、東南アジアを中心に放浪していました。

すると、グーグルからこんなメールが‥。

東南アジア中心という、地球全体から見たら狭いエリアだけの移動だったにも関わらず、1年で地球半周分の距離を移動していたらしいのです(笑)。

それで今回はこれを機に、この1年、それぞれの場所でどんな思い出があったか、振り返ってみたいと思います。

1月、ミャンマーのローカル電車でヤンゴンからピーへ移動した

1月は主に、ミャンマーで過ごしました。

ヤンゴンから地方都市のピーという街へ移動する際、いつもはバスを使うのですが、この時は初めて電車で移動してみました。

電車と言っても、日本の電車とはワケが違います。

窓に窓ガラスはなく、座席はクッションの無いただのプラスチックで固く、エアコンは無く、車内にミャンマー独自の音楽がかかり、スピードは時に自転車より遅い、という代物です。

これに約8時間、乗りました。
なかなかインパクトのある移動でした。

このヤンゴンからピーへの電車移動については、こちらの記事で詳しくご紹介しています。

【ミャンマー】ヤンゴンからピイへ最安値のローカル電車で行く方法!復路の説明も有り

2月、タイのタオ島を10年ぶりに訪れた

2009年に初めてタオ島に行った時、当時まだ未開発だったタオ島の海は、ゾッとするほど青く澄んでいて、美しかったです。
海を泳ぐと、数十メートル下の遥か海の底まで見下ろせて、こんなに綺麗な海は見た事がないというほどでした。

あれから10年、あの海の青さはご健在だろうかと、再びタオ島を訪れました。

タオ島の海はこの10年で開発が進み、観光客も増え、ゴミも増え、汚れてしまっていました。

もちろん、まだビーチリゾートと言える位は綺麗でしたが、10年前のあの海の中の美しさを知ってる者からしたら、残念な変化でした。

タオ島のそれぞれのビーチについては、こちらの記事にまとめてあります。

【タオ島観光】おすすめビーチベスト3!シュノーケリングポイントやビューポイントも【タイ】

3月、インドのハンピの壮大さと暑さに喘ぐ

3月は、何となくずっと行ってみたかったインドのハンピへ行きました。

石と岩の風景がずっと続いている、不思議な場所でした。

滞在中は、ハンピの壮大な景色を毎日見れて、それはよかったのですが、この3月はとにかく暑かったです!
12月とかに行った方がよかったのかもしれません。

4月、インドのバガモンで山の美しさを堪能する

南インドのケララ州に、バガモンという山の町があります。

ここ、交通の便も悪いし、観光地としてあまり有名じゃないのですが、山の景色がハンパじゃなく美しかったです!

見所も何ヶ所かあって、バガモンはまさに穴場スポットです。

山好きな方、不便な移動もあまり苦にならない穴場好きな方に、おすすめです。

バガモンのおすすめ絶景ポイントは、こちらの記事にまとめてあります。

ケララ州の山の町バガモンの絶景ポイントランキング【インド】

5月、タイのリペ島の美しい海を満喫する

マレーシアの近くにある、海の美しい小島、タイのリペ島に行きました。

リペ島の海の色は、明るくて綺麗でしたね。

小さな島で、どこへ行くにも歩いて簡単に行けました。

リペ島への行き方やおすすめビーチは、以下の記事にまとめてあります。

ランカウイ島のクアからリペ島へフェリーで行く行き方と戻り方

リペ島旅行!シュノーケリングできるおすすめビーチのポイント4ヶ所【タイ】

6月、マレーシアのイポーの洞窟寺院とグルメにハマる

マレーシアのイポーという、山の地域にある地方都市に初めて行ったのですが、ハマってしまいました。

ハマった理由の1つは、街の外れに点在する、洞窟寺院巡りが楽しかったからです。

洞窟寺院がいくつもあるのですが、大体の場所に、バスで行けたのも嬉しかったです。

冒険心をくすぐられる洞窟の数々でした。

イポーのもう1つの魅力は、グルメです。

山に囲まれた、水の綺麗な地域なので、料理がおいしいんです。

特に有名なのは、チキンライスともやしとプリンです。

毎日の様に食べていました。

イポーの洞窟寺院やグルメについては、以下の記事をどうぞ。

【イポー観光】おすすめ洞窟寺院ベスト5【マレーシア】

【半額】イポーで有名なレストラン老黄のチキンライスを安く食べる方法【マレーシア】

7月、モルディブで1週間の極貧旅行

予算が少ないにも関わらず、調子こいて物価の高いモルディブにも行ってしまいました。

雨季だったのですが、滞在中一度も雨が降らず、天候には運よく恵まれました。

↑オフシーズンだった為、素敵なホテルにも爆安で泊まる事ができました。

これらの写真は、モルディブのディフューシ島というローカル島で撮ったものですが、この島おすすめです。

【モルディブ】ローカル島のディフューシ島観光!マレからの行き方やエスカーション等

8月、クレジットカードが使えなくなり手持ちのクレカがなくなった

8月はボルネオ島マレーシアのコタキナバルに滞在中、クレジットカードが使えなくなるという珍事件が起きました。

↑コタキナバルは、海沿いから毎日ステキな夕暮れが見れる街です。

ある時、クレカで支払いをしようとした所、使えなくなっている事に気づきました。
クレカは1枚しか持っておらず、唯一のクレカです。

驚いてカード会社に連絡した所、インド滞在時から何者かによるクレジットカードの不正使用があり、それが続いた為、カードの使用を止めたとの事でした。

恐らくインドの野良Wi-Fiのどれかからハッキングされたものと思われました。

カード会社は、新しくクレカを再発行して、実家に送ってくれました。

しかし、私がいるのは東南アジアです。

手持ちのクレカは使えなくなったので捨てました。
それから実家に届いたカードの番号を家族から聞いて、その番号をネットに打ち込んで使用しています。

手元にクレカが1枚もない状態で、2020年1月の今も、これで何とか東南アジア放浪を続けています。

クレカは万が一の為、複数枚持って放浪しましょう。

9月、バリ島でスムージーボウルのカフェ巡り

スムージーボウルっていう、新鮮な果物をスムージーにして、それをどんぶりに入れ、上にグラノーラなんかを乗せちゃった、おしゃれで健康的なおいしいスイーツがあります。

私はそれが大好きなんですが、そのスムージーボウルを出すカフェが、バリ島にめっちゃ沢山あるんです。
50店くらいあると思います。
とても一度では全部周り切れません。

9月は、16ヵ所のスムージーボウルのカフェを巡って、16個のスムージーボウルを食べ歩きました。

それで、特においしかったスムージーボウルについてまとめました。

【バリ島】人気のスイーツ!スムージーボウルのおいしいおすすめカフェ5選!クタ・レギャン・スミニャック・チャングー

10月、ベトナムのホーチミンでベトナムチョコを食べ歩き

ベトナムって何気にカカオの産地で、ベトナムのチョコレートブランドも色々あるんです。

10月には、ホーチミンで、ベトナムの代表的なチョコレートブランドを4つ、食べ比べてみました。

フェバ(Pheva)というチョコブランドが一番おいしかったです。

詳しくはこちらの記事をどうぞ。

【ホーチミン】ベトナムのおすすめチョコレートブランドはこれ!MarouやPhevaなど

11月、北ベトナムの山の町ハザンで沈没

南ベトナムから飛行機で北ベトナムへ移動してみたら、北ベトナムのローカルで落ち着く感じにハマってしまいました。

特に長期滞在したのは、ハノイの北の山の町、ハザンという所です。

ハザンは、そこから更に北へと向かって山道をツーリングするのが有名で、そのスタート地点の町なのですが、私はバイクが乗れないので、ここでただひたすらじっとしていました。

ハザンの町自体は別に何もないんですが、その、何気ない田舎町、という所に居心地の良さを感じてしまったのでした。

あと、ハザンの安宿代がハノイの約半額と安かった、という実質的な利点も、間違いなく大きな理由です。

参考記事はこちら。
【北ベトナム】ハザンの町のおすすめレストラン・カフェ・安宿

12月、北ベトナムのドンバンで極寒の中、山景色を楽しむ

ハザンの町に1ヶ月近くいて、さすがに飽きて来た12月、ハザンより更に北の、中国国境付近の町ドンバンへ、バスで行ってみました。

途中の山景色が圧巻でした。

ドンバンは、東南アジアとはいえ、中国の近くで、12月の気温は日本とほぼ同じで極寒でした。
ダウンを着込んだ町の人々に混じって、パーカー姿で歩いてたら、薄着すぎて笑われたぐらいです。

そんな寒さの中でも、町から少し外れただけで、美しい山の景色を楽しむことができました。

寒すぎて3日だけ滞在して、またハザンに戻ったのですが、ここはまた暖かい季節にゆっくり訪れたいです。

まとめ

東南アジア辺りの国々を転々と放浪しているだけで、1年間で地球半周分も移動してしまう。

Pocket

-世界一周

執筆者:

関連記事

【野宿】女一人旅で海外で野宿して分かった5つの事。テント張る場所探しが超大変など

こんにちは、トモカです。 女一人旅だけど、海外で野宿してみたいなー、なんてお思いではないでしょうか。 私もそうでした。 そしてやってみました。 今回は、2013年に世界一周した時に、ハワイのカウアイ島 …

女性バックパッカー世界一周体験談。印象的だった出来事ベスト10!海外野宿など

こんにちは、トモカです。 私は2013年に、バックパッカーの女性一人旅で、東回りで世界一周し、4ヵ月間で10ヵ国を巡りました。 今回は、その世界一周での、いい事も悪い事も含めて、印象的だった出来事ベス …

こんにちは、トモカ(矢上ともか)です。
仕事は都内の法律事務所勤務を経て、2010年から占い師をしています。

2013年30歳の時、バックパッカーで世界一周し、2017年7月から一年間ミャンマーで日本語教師をして、現在はデジタルノマド占い師として東南アジアを放浪しています。

「あなたが幸せに生きたら、地上から不幸な人を一人、救ったことになるんだ」という思いで、日々活動しています。