地救人を生きよう

あなたが幸せに生きたら、地球上から不幸な人を一人、救ったことになるんだ。

自己紹介

魂の冒険家トモカです。

前世で古代中東の奴隷使いをしていた私は、今生もそのアイデンティティーを引きずって、この世に出て来てしまった・・・。
12歳から28歳まで、鬱や躁鬱。

幼少期は周囲の人間を自分の奴隷だと勘違いしていた。
10代で自分と周囲の人間は対等なんだという事を受け入れられる様になり、高校の頃、やっとまともに友達を作れる様になった。
前世の記憶の為に、普通に友達を作れる様になるまで、また人より10年長くかかってしまった。

そう思った矢先、今度は自分がまともに働けない現実に直面する。
前世からの「働くイコール奴隷」という価値観が邪魔をして、「奴隷にはなりたくない」という必死な思いで、働く事がうまくできなかった。
しかし働かなければ生活費は入らない。
その葛藤を抱えながら色々と乗り越え、まともに働ける様になるまで、人より10年長くかかってしまった。

28歳で鬱を自力で克服してから、今悩みを抱える人達のお役に立ちたいと思い、占い師になる。
「矢上ともか」の名前で原宿占い館タリムに所属。

30歳の時バックパッカーで世界一周し、その後も東南アジアを中心にしばしば海外放浪の旅に出る。
旅する中で、仏教的教養により魂の輪廻転生を常識と捉えているミャンマー人達に強烈なシンパシーを感じ、ミャンマーとの縁が深くなる。
そして2017年7月から1年間、ミャンマーで日本語教師として働いた。

帰国後は占い師一本になり、2018年10月終わりから、海外ノマド占い師として、東南アジアを中心に各国を放浪中。

「あなたが幸せに生きたら、地上から不幸な人を一人、救ったことになるんだ」という信念の下、まずは自分が徹底的に幸せになる事が目標。
そしてあなたを更なる幸せへと後押しできればと思います。

投稿日:08/18/2018 更新日:

執筆者:


魂の冒険家トモカです。

仕事は2010年から占い師をしています。

12歳から16年間は鬱を患いながら過ごし、28歳の時、自力で鬱を克服し、悩める人のお役に立ちたく占い師になりました。

2013年30歳の時、バックパッカーで世界一周し、2017年7月から一年間ミャンマーで日本語教師をして、現在はノマド占い師としてインドや東南アジアを放浪しています。

「あなたが幸せに生きたら、地上から不幸な人を一人、救ったことになるんだ」という思いで、日々活動しています!